JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

遅ればせながら新年のご挨拶

昨年は大変お世話になりました。

ご挨拶がとても遅くなってしまって、申し訳ない。

皆様にとって、どのような年でしたか?
そして、今年の抱負は・・・?

私事で恐縮ですが、今年の目標は主に、

・ドキュメンタリーの完成(平成24年度内)
・高レベル放射性廃棄物最終処分に関する中、小規模のChatイベントのオーガナイズ
・本の執筆
                                 

昨年から始動したChatイベントのオーガナイズですが、今年はそれをもっと活発化させていきたいと思っていて、自分なりに考えるイベントのスタイルは、こんな感じで:

極力、3つ各々異なる立場の人
     ① 行政関係者(本件の場合、エネ庁)
     ② 実施主体 原子力発電環境整備機構(NUMO)
     ③ 現場で技術開発に携わる技術・研究者    が同じ席について+市民

その話すときの材料に、いままで取材をしてきた映像を使っていきたいと思う。

よくあるようなシンポジウムのようなイベントだと大きすぎるし、なんとなく堅苦しい雰囲気だし、知らないと発言しづらいなぁ…とか、個々が思った事を素直に聞きづらいことが多々あるかと思うので、規模は比較的小さめ〜中(だいたい20人〜35人程度)がいい。その分、回数を多く設けることでカバー。たまにそれ以上の規模でできたらいい。発言のしやすい環境をこちらが作ることも大切だろうし、よくあるような、講演+Q&Aっていうより、その三者が公開討論して、市民がそれに対して質問を加える形の方が有意義かなと。


高レベル放射性廃棄物の問題って、よく
“相互理解が足りないのでは?”とか、
最終的に“難しいですね…(苦笑)”と言って終わりがちな印象。

更に、相互理解に対する努力が足りないとか、
政府に対してダメ出ししてる人たちほど何もしてない。
不平不満、文句は言うけど、それだけ。

これは私の勝手な持論にすぎないけど、
気付いているなら、人を批判する前に、自分が行動すべき。
結局誰もやらない事が大きな原因だと思っている。

もしそう思うなら、そうするように、あるいはそうさせないように何かすべき。
でも大概の人は何もしない。

私は、現状どうなっているのか伝えたりするだけじゃなくて、
事態を動かしたい。

まぁ表明したからにはやらないと。
やるべき事が沢山。

多くの人たちの大きなエネルギーを頂きながら、
高レベル放射性廃棄物最終処分問題取材の集大成に向けて、
邁進していく所存です。

昨年、あるいは震災後からずっと、
「今は政権もどうなるか分からない状況で、核燃サイクル自体どうなるか分からないから発言を控えたい」と国の方針がハッキリしない以上、発言が出来ないという理由で、取材を断られた関係各位、近々ご連絡差し上げますので、何卒宜しくお願い致します。

最後に、非常に個人的な事で大変恐縮ながら、気付けば私ももう三十路直前、最後の二十代に突入ということで、最後の悪あがきを十二分にしたいと思っております。

どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

Ustream配信予定のURL

12月2日(日)13:00~〜
日本学術会議主催学術フォーラム「高レベル放射性廃棄物の処分を巡って」@日本学術会議講堂

http://www.ustream.tv/channel/予定-12-2-学術フォーラム-高レベル放射性廃棄物の処分を巡って

12月8日(土)10時半〜
原発を問う 第6回 民衆法廷@北海道

http://www.ustream.tv/channel/原発民衆法廷-北海道-札幌


当日、インターネット等の環境上、何らかのトラブル等発生した場合、
配信ができなくなる場合があります。
ご理解下さいませ。

いずれにせよ、当日、状況を随時Twitterにて配信して参りますので、
私のTwitterアカウントにて、
チェックして頂ければと思います

http://twitter.com/hocomi


先日配信した11.23. 幌延デモはこちらから:


Live video for mobile from Ustream
※ 07:00辺りからが、現地監視員のかたの報告
※ 早送りに時間がかかるため、流しっぱなしにして、07:00頃からご覧頂くことをオススメします。
  そのため、お時間に余裕がある時に、ご覧になることをオススメします。
※ 映像が見にくいかと思いますが、ご容赦下さい。

今月の取材予定

03.08-03.10. @福島県郡山市

 主催:農林水産省、国際科学技術センター(ISTC)
 「農業及び土壌の放射能汚染対策技術国際研究シンポジウム

 (03.10. 飯館村からUst配信(中継)予定)

03.13.

 主催:文部科学省日本原子力研究開発機構(JAEA)
 共催:内閣府原子力被災者生活支援チーム、農林水産省、(独)日本原子力研究開発機構(JAEA)

 「東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に伴い放出された
  放射性物質の分布状況等に関する調査研究結果」に関するシンポジウム

  http://www.jaea.go.jp/fukushima/decon03.pdf

03.27. 池子米軍住宅建設問題について

03.28. (Ust配信予定)

 平成23年度 第4回(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター(「原環センター」)講演会
 「欧米主要国での放射性廃棄物処分事業の進捗状況」について

(現時点で確定しているもののみ記載)

なお、「Ust配信(予定)」と記載したところは、既に各省庁等、関係各位にて了承を得ており、
万一、機材等の不具合が生じない限りは、配信する予定です。

なお、配信に関する詳細は随時Twitterにてアップしておりますので、そちらをご参考頂ければ幸いに存じます。
https://twitter.com/#!/hocomi

■謹賀新年■

あけましておめでとうございます。

新年は皆様いかがお過ごしですか。

ご挨拶が少々遅くなり、申し訳ありません。

本年もフリーランスジャーナリストとして、一層邁進して参る所存です。
あたたかく見守って頂ければ幸いに存じます。

また、皆様におかれましては、
個々の幸せを心から願うばかりです。

最近では感傷的すぎる、不自然な「希望」や「勇気」だけ漂っていて、ただただ不気味に映る。
今更、なんなんだろうと人の無責任さに不愉快ささえ感じる。
そうではなく、地に足つけて歩みたいと心底思う。

そういう意味では、人の生き様を映すジャーナリズムは、やっぱりリアルだし、
その魅力と重要性を改めて深く感じています。
希望ばかりを無理矢理求めるのではなく、
政治家も、一般市民も、人の起こす言動には
嘘もあれば本当もあって、なにもいい事ばかりではないし、
むしろ良くない事実の方が多いのが現実。
政治家が嘘をつく姿も、それはそれで一つの事実だし、そういう人の心情や事情こそリアルだから、
ジャーナリズムはやっぱり面白い。
希望ばかりじゃない人の暮らしの中にこそ、未来はある。
目をそらしていては進めない。

まぁ大きな口をたたく前に、行動に移していきたいものですね。

本年もどうぞよろしく。

Windows表示について(9/24 解決しました◎)

今更ですが、
Windowsでの表示が凄く大きくされていることに
先日気づきました。

大変申し訳ありません。

見苦しいかと存じますが、
今後直していく方向ですので、
それまでは現状のままで宜しくお願い致します。

(追記)9/13 11:00更新

Windows使用の方で、
やはり非常に大きく画面一杯に文字が表示される、
とくに見難くはない、等状況を教えて頂けると幸いです。

(追追記)9/24 19:51更新

ucd様

ucd様のお力なしで、本件解決は不可能でした。
本当にいつもありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願い致します。

「取材現場から」掲載

僭越ながら―。

紹介&掲載されました。

http://daysinternational.net/jp/category/field/

非常に光栄です。

改めて、これからもフリーランスというものを一職業として確立する一人としての誇りをもって、
攻めの姿勢で取り組んでいきたいと思います。

昨今、フリーランスに対する理解が高まっている気がしています。
そのお陰もあり、取材をさせて頂きやすくなっている現実に、驚きと嬉しさ、有難さを覚えます。
昔は、「個人的な質問には答えていられない」などと、よく門前払いをされたものです。
でも、今では良かったと思う。
なぜ取材をするのか、その社会的意義をこちらが提示することが大切だということを学ぶことができた。

わたしにとって、この高レベル放射性廃棄物最終処分問題は特別だけど、
ただ、個人的な興味っていうだけじゃない、世間一般的な問題。

具体的解決に向けた足がかりになりたい。

と同時に、きっと、わたしがこの問題に対し、こう思うように、
他の問題に対して同じように思い、取り組む人たちが真剣に取り組む様々な問題に対しても、
関心を持っていきたいと思う。

専門的であること、特化していることは素晴らしいし、大切だとは思うけど、
他の分野に対しても広い視野をもって積極的であることも忘れないでいたいな。


(追)

拍手有難うございます。(7/21 23:20)

メンテナンス終了

サイト風にしました。

ここ数日アクセス頂いた際、ちょうどメンテナンス最中にあたり、
画面がおかしく表示されたり、

 Service Temporarily Unavailable
 The server is temporarily unable to service your request
 due to maintenance downtime or capacity problems. Please try again later.

と表示され、なかなかアクセスできない等、
ご不便おかけしましたら、大変失礼致しました。

このスタイルに慣れるまで少々時間がかかるかもしれませんが、
みなさんが見やすいように、使いやすいようにしていきたいと思います。

コメントやトラックバックができませんのですが、
コメントは拍手コメントを利用して頂ければと思います。

かしこ

JOURNAL ASIA公式化

この度、本ブログを公式化させて頂くことに致しました。

ブログ開始から早五年―。

完全にジャーナリズムブログとして、
今後は「プロ」らしく、一層の精進をして参りたく、
温かく、厳しく、見守り続けて頂ければ幸いに存じます。

これまで、幼きわたくしの多くの戯言にお付き合い頂いたことに
心から感謝していると同時に、
どうか、わたくしの試行錯誤っぷりは、これまでお付き合い頂いた皆様の胸におしまい頂ければと・・。

改めて、
これまで取材を通し、知り合うことのできた多くの人々をはじめ、
本ブログを通し、お目にかかることはなくとも、繋がることのできた全国各地の皆様の、
温かいご指導等サポートに深く御礼申し上げると同時に、
心機一転、
今後ともどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

         2011年5月 フリーランスジャーナリスト 稲垣 美穂子

池子米軍住宅追加建設に反対する市民集会

転送・転載歓迎

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  
 池子米軍住宅追加建設に反対する市民集会
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*日時:1月29日(土)午後2時30分
*場所:かながわ県民センター304号室
     横浜駅西口から徒歩5分、ヨドバシ・カメラ裏)
*参加費:500円
*共催:戦争反対・平和の白いリボン神奈川
    すべての基地にNOを・ファイト神奈川
==================================

<池子の森を守り、基地のない街をつくろう!>

◉大きく動き始めた追加建設!

昨年8月26日、日米合同委員会において追加建設戸数を当面400戸に
することと逗子市への40ha返還用地を共同使用することが合意されま
した。横浜林市長と逗子平井市長は、要請してきたことの結果だと評
価しています。
 ‘‘09年7月から国は逗子市に対して、小学校・トンネル・住宅の3つ
の建設を容認すれば、40haを返還すると攻勢をかけていました。
この32年間返還がない逗子にすれば、こんなチャンスはないとばかりに
平井市長は容認へと傾いていきました。’10年8月小学校建設予定地の
防護柵工事を容認、11月には住宅建設も認めてしまいました。

◉逗子市「追加建設反対」の懸垂幕を降ろす!

 12月12日に行われた市長選で再選されことで、民意を受けたとして住宅
建設も容認し、市是であった「追加建設反対」の懸垂幕を降ろしてしまい
ました。しかし建設は緑地の保全を約束した「三者合意」違反であること
は明らかであり、国は交わした約束を自ら破ったのです。‘04年横浜中田前
市長が建設への協議に入ってから6年、’07年以降止まっていた建設計画が
一気に進みそうな状況となりました。

◉問題は山積み!

 建設予定地の横浜市域は1987年のアセスで「狭小のため適地ではない」
と評価された所です。しかも戦前、毒ガスのイペリットを砲弾に充填する
谷戸田注填場だった所でもあり、戦後その処理がきちんと行われたのか不明
なままです。またトンネンルをどこに作るのか、周辺道路の整備・交通問題
など不明な点が多く課題は山積みです。

◉建設反対の声を広げよう!
 
 現政権は日米同盟の深化させていくとして、日米安保条約が軍事同盟と
なっています。基地の強化・恒久化に反対する市民の平和力をアップさせて
いきましょう。
 当日は逗子からの報告も受けて、逗子・横浜市民が連携して追加建設させ
ないための行動を考えていきたいと思います。ぜひご参加ください。
===================================

キチアルTVで映像配信

お声かけ頂き、わたしが12月18日に撮った映像の一部がVTRに組み込まれ、
配信されます。

「神奈川にも基地があるんだよねTV」(キチアルTV)
http://kichiarutv.blogspot.com/

12・18キャンプ座間デモ・チェーン行動のVTRで、他の撮影者との映像と一緒に編集されたもので、時間は2分もないですが、有難い機会です。

神奈川にも基地があるんだよねTV(キチアルTV)第2回放送
★転送・転載歓迎★
=====
神奈川にも基地があるんだよねTV
http://kichiarutv.blogspot.com/
=====

キチアルTV第2回の放送のおしらせです。
1月9日(日)19時~20時、横浜・大桟橋のポートサイドステーションから放送します。
今回の特集は神奈川県相模原市と座間市の両方に位置するキャンプ座間を取り上げます。
神奈川県はもちろん、日本中、世界中の多くの方にご覧頂き、
在日米軍・自衛隊の基地問題や、平和について考えるきっかけになればと思います。
ぜひご覧下さい。

===

神奈川にも基地があるんだよねTV(キチアルTV)第2回
2011.1.9(日)19:00-20:00
MC 木村 静 / 鈴木 千尋

キチアルTVニュース
・逗子市長選(2010/12/12)の結果
・いらない!原子力空母パレード(2010/12/12)
・米韓・日米合同軍事演習を振り返る
・新防衛大綱?
・「沖縄県において辺野古米軍新基地建設断念を求める意見書の要請陳情」鎌倉市議会本会議で不採択

特集「見えないから怖いんです。キャンプ座間」
ゲスト:京極紀子さん、青木裕美さん、川上直子さん(バスストップから基地ストップの会)
VTR出演:金子ときおさん(キャンプ座間への米陸軍第1軍団の移駐を歓迎しない会代表・相模原市議会議員)

イベント情報
厚木基地大模型の展示と2010年神奈川の基地スライド上映会(1/23(日)13:30-プロミティふちのべビル)
池子米軍住宅追加建設に反対する市民集会「池子の森を守り、基地のない街をつくろう!」(1/29(土)14:30-かながわ県民センター)
次回2月の特集テーマ「たちかぜ裁判にみる自衛隊の隠蔽体質」

=====
神奈川にも基地があるんだよねTV
 TOPページでアンケート実施中。
  Q.逗子市が建設を容認した池子米軍基地住宅の追加建設場所は横浜市金沢区であると
   知っていた?知らなかった?
  投票はこちら→ http://kichiarutv.blogspot.com/
=====



よかったら観てください。

前回の放送をリアルタイムで拝見していましたが、
だいぶアットホームでなかなかのゆるさ。

第1回ののべ視聴数は、55
生放送と録画放送をあわせた、のべ視聴者数は、333
とのこと。

2010年12月5日に第1回の放送を終え、
今回の配信が第2回ということで、
まだ始まったばかりだけれど、
月1回、神奈川の基地情報を中心にWEB配信してくっていう
画期的なインディペンデントメディアだと思う。

こうして参加機会を頂けたことをすっごく嬉しく思います。

映像配信に限らず、
こういうメディア作り?にちょこっとでも触れたり勉強させて頂き、また、
新年早々、こうして嬉しいお知らせを出来る機会を与えて下さったことに心から感謝して**

『六ヶ所村エナジー』沖縄で上映される



事後報告になってしまいましたが、

『六ラプ』のオフィシャルHPでは告知頂いてて(←有難うございますDocomo_kao1)ご存知だった方もいらっしゃるかとは思いますが、先日わたしもメンバーの一員でやってるepfの作品『六ヶ所村エナジー』のスライドショーが映画井戸端会議の開催された桜坂劇場さんよりご依頼頂き、上映されました。



写真展『六ヶ所村エナジー』のパネルたちは、お陰様で全国各地よりご依頼頂き、巡回展示に伴い、旅をしてきたため、だいぶ疲れていますが、上映ならまだまだいけますし、各地で観て頂けることは、嬉しい限りです。



先方からの連絡だと、来場者は120人で、作品も気に入って頂けたようで、何よりです。

<高江>6ヘリパッド新設にまつわる署名

高江のシール



すみません、遅くなりました。



米軍ヘリパッド建設に反対し座り込みの続く沖縄県東村高江区の住民らを「通行妨害」とし、12月16日、国は突然裁判所に「通行妨害仮処分命令申し立て事件」をおこした。



住民らは「今回の国による仮処分申請を却下してほしいと、裁判所に訴える内容」の声明を発表。署名を呼びかけている。

「署名用紙はA4サイズ、プリントして、ご利用下さい。」とのこと。



表サイドの解説文を見るのが一番分かりやすく早いと思う:

http://nohelipadtakae.org/files/karishobun-shomei1.pdf



*詳細は「やんばる東村 高江の現状」で:

http://takae.ti-da.net/



*声明全文と琉球新報記事リンクが「辺野古浜通信」にも掲載されている:

http://henoko.ti-da.net/e2307507.html



今回国が起こした案件において、15名に対し国自身が呼び出し状を送付した(=名指し)と云う。



「15名の中には8歳の子供も含まれています。

多くの人が関わっているこの運動で、わずか160人の小さな高江集落の十数人を裁判にかけて、この運動をつぶそうという国のねらいは明白です。」



「ただ静かに暮らしたいという当たりまえの訴え、非暴力の座り込みをしている住民たちのささやかな願い、守られるべき幼子の心の平穏が、ヘリの爆音に遮られ、国によって蹂躙しようとしています。」



―沖縄から声が届いている。



表サイドの解説文

http://nohelipadtakae.org/files/karishobun-shomei1.pdf

裏サイドの署名欄

http://nohelipadtakae.org/files/karishobun-shomei2.pdf

※PDFファイルなので携帯では見ることが出来ません。



<26日必着/締め切り*集約>



集約先(用紙にも記載有):

〒900-0015

沖縄県那覇市久茂地3-29-41

久茂地マンション401

なはブロッコリー宛

FAX 098-861-1101



*インターネットからも署名できるとのことで、こちらの方がネットユーザーは効率がいいかもしれないね。



署名URL:

http://www.shomei.tv/project-590.html





↑ブログパーツもあるみたい。



関連記事:



「8歳名指し前代未聞」 高江住民、防衛局申し立てに抗議

琉球新報 2008年12月26日



「国策裁判」集落に重圧/ヘリパッド移設 国が仮処分申請

沖縄タイムス 2008年12月27日

「アフガン 中村医師の闘い」

給油新法「ナンセンス」



たまたま手にした東京新聞 夕刊8面に見たこのフレーズが気に留まり見てみると、友達の白川くん@アジアプレスの記事だった。(写真も)







記事から現場の声が強く伝わってきた。

アフガンの人(って一括りにするのも良くないけど、少なくとも現場で奮闘する医師が居るところの現地の人々)がどういう状況にいて、何が本当は問題なのか。また、何を以て給油新法が良くないのか。

このスペースにぎっしり詰まってた。

ちなみに、27日発売のSPA!に彼がライターをやっているガザ侵攻の記事が載るとのことで、6ページの特集とのこと。


こちらも要チェックです。


写真展同時開催決定@新百合ケ丘











昨年写真展を同時開催させて頂いた演劇『アトミック・サバイバー -ワーニャの子どもたち』が地域創造事業の選考を勝ち抜き、今秋全国ツアーが実現する。こういった社会問題を取り扱ったものが優勝することはこれまでになく、とても画期的なことだそうだ。


http://scs-site.net/news



そしてまたあたしたちepfの写真展の同時開催が実現。(川崎市のみ)

詳細はこちらをご覧下さい:

http://kawasaki-ac.jp/event/index.html


しかも今回劇場の担当者の方が以前一緒にお仕事させて頂いた方ということもあり、ご好意に依り、3週間、展示させて頂けることになって(上記HPは違ってて)10月3日までです。

色々な意味で嬉しい。

大好きなスタッフさんたち、俳優さんたちとまた逢えたことも、
3週間の展示も。


スタッフさんもキャストの皆さんもとってもステキな人たちばかりだ。





2008年9月12日(金)~10月3日(日)

11時~19時

@川崎市アートセンター 3Fコラボレーションスペース

【アクセス】http://kawasaki-ac.jp/access/index.html

【詳細】http://kawasaki-ac.jp/event/index.html



**展示物は昨年西巣鴨で展示したものと同じ。



参考:

【神奈川公演日程】

川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

9月27日(土)15:00開演

9月28日(日)15:00開演




7月の打ち合わせの時、会場拝見したところ、
普段週末はフリースペースで休憩や待ち合わせ等自由に使っていいとされるスペース。
今回epf側の担当がわたしなので、空間的にもいじりたいと申し出たところ、一応OKもらってるので、居る時は多少ですがいじってくつろげるようにするので、良かったら遊びに来てください。

週末はカフェにもなるスペースとして、いいと思います。


ちなみに、20日までは会場に居ません。
21日からの週はGW入港を控えてることもあり、あまり居れなそうですが、念のため21日以降のスケジュール載せておきます。

■居れない日■ 21・22の夜・23~26
■確実に居る日■ 27日
■もしかしたら居れそうかもな日■ 30日



キラキラ2008年秋 全国ツアー日程はこちらキラキラ



http://scs-site.net/works/atomic#tab-3



高知公演

2008年9月20日(土)19:00開演

高知県立美術館 ホール



神奈川公演 まる写真展同時開催

2008年9月27日(土)・28日(日) 両日とも15:00開演

川崎市アートセンター アルテリオ小劇場



北海道公演

深川市文化交流ホール み・らい  ホール

2008年10月4日(土)19:00開演

10月5日(日)15:00開演



福島公演

いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場

2008年10月11日(土)15:00開演



みんなぜひぜひ宣伝してね★



特に高知、北海道、福島近辺の方々、ご協力お願いします。



*↓昨年の様子*





上演会場での展示「六ヶ所エナジー」





会場の隣にある待ち合い室になってる廃校での展示「link-みんなのひかり-」



(情報昨年度)

http://anj.or.jp/tif2007/program/atomic.html

収穫祭に出展中





『野毛農場 芸術の秋 ~収穫祭~』



8/30(土)~9/7(日)

10:00~21:00

最終日のみ17:00まで



@ なかのZERO展示ギャラリー

http://www.nices.jp/facility/zero/gallery.html



東京都中野区中野2-9-7

TEL:03-5340-5000(代)



**アクセス

http://www.nices.jp/access/zero.html

JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分





野毛商店参加(予定も含む)アーティスト20組程度

写真・絵画・オブジェ・クラフトなど





*協賛:



株式会社 デバイスワークス

DeviceWorks CO.,LTD.









【告知】野毛農場 秋の収穫展

野毛農場 秋の収穫展のご案内





写真に留まらず人生における大先輩のnoge_farmさんが店長を務めるオーガニック・アート・クラフトの野毛商店が先月6月12日に本格オープンし、わたしも一アーティストとして参加させてもらってます。商品まだ出してませんが。


そんな野毛農場で収穫祭やるということで、わたしも参加することになりました。



日時:8月30日(土)―9月7日(日)

   10:00~21:00

   最終日のみ17:00まで

場所:なかのZERO展示ギャラリー(地下2階)

   アクセス http://www.nices.jp/access/zero.html



出展者:野毛商店参加(予定も含む)アーティスト15組程度



展示等:写真・絵画・オブジェ・クラフト・リーディング・講演等

    わたしは写真と出来たら試写で、

    他は写真とか本とかふんどしなど。



野毛商店で相当売れてるらしいエレキ君に依るエレキ社のふんどし。

アースデイ六ヶ所に「六ヶ所村エナジー」出展決定

有難い事にアースデイ六ヶ所に写真を持って行き、展示出来る事になりました。





ヨソモノのあたしたち関東の人間にはどう映ったかを



今度は六ヶ所村の人に、見てもらい、



どう思ったか直接伺える機会となって、



更にはほんの少しでもいいから話せたら…



これは本当に有難く、最高の機会だと思います。



ウザがられるかもしれないけれど、



そうじゃないかもしれないし



分からない。



とにかくこの機会を大切にしたいと思います。



もし良ければみなさんもこれを気に六ヶ所村へ足を運んでみて下さい



自然豊かな地に出逢って



美味しいものを口にして



本当に贅沢ですよ



今日は上映会

『六ヶ所村エナジー』フライヤー表1『六ヶ所村エナジー』フライヤー表2



今日は「六ヶ所村ラプソディー」の上映会が楽多であります。

鎌仲ひとみ監督と、六ヶ所村で花とハーブの里を営む菊川さんがいらっしゃって

トークもあります☆



詳細は↓|以下のチラシ|↓をご覧頂ければと思います◎



上映会チラシ

*上映会と写真展とトーク*



6月3日は鎌仲監督とゲストに菊川さんを迎えての上映+トークがあります。
また、5月29日~6月3日まで写真を展示しています。



気が向いたら皆様も、またあまり関心のない方も来場下さると嬉しいです。場所はこじんまりとしていますが雰囲気のあるダイニングバーのような所です。



どうぞよろしく。       hirapress+ イナガキ



・・・[転載可]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



5月29日(火)~6月3日(日)12:00~24:00

流動的写真集団 hirapress+(ヒラプレス・プラス)

による写真展「六ヶ所村エナジー」



5月29日(火)オープニングパーティ19:30~スライド・ショー&トーク: hirapress+メンバー

ミニライブ:寿[kotobuki] 1,300+1drinkオーダー



すぺーす楽多では、昼間はレストラン&カフェ、夜はライブ・バーを営業してい ます。



写真展は無料ですが、なにか1品ご注文下さるようお願いします。

ライブのある日は別途ライブチャージが必要です。

ライブのある日:6月1日(金)、2日(土)



☆「六ヶ所村ラプソディー」上映とトーク☆



2007.6.3.(日)



〔第1回〕受付開始 12:30

13:00より上映 15:10 トーク



〔第2回〕受付開始 15:45

16:15より上映 18:20 トーク

トーク:鎌仲ひとみ監督/ゲスト:菊川さん



前売:1,000円 当日:1,200円

(高校生以下半額)

すぺーす楽多 03-5313-8151

世田谷区南烏山6-8-7

京王線千歳烏山駅下車



主催:六ヶ所村ラプソディを見る会

協力:すぺーす楽多

問合・予約:03-5313-1525

      03-3702-3895

※FAXでお申し込み下さい。(名前、人数、連絡先を明記して下さい) 留守電も可 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・[転載可終了]・・・

9art festival ~君の色 僕の色 虹の色~

今人主催イベントに私たちhirapress+も参加する事になったのでお知らせします◎





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



     9art festival ~君の色 僕の色 虹の色~



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

        presented by 今人project



虹とア-トの祭典『9art festival』を開催します。

9つのアートによるお祭りです。

あなたを虹の世界へといざないます。



「9つの創造の種をまいたら君の心に花が咲くかな」



○日時  5/3(木・祝)

13:30 OPEN/ 14:00 START/ 17:00 CLOSE

○会場  BAR「非常口/EXIT」

JR線「新宿」駅徒歩10分/丸の内線「新宿三丁目」駅徒歩3分

新宿区新宿2-12-16 1F/03-3341-5445

http://www.hijouguchi.com/

○料金  2000円(ワンドリンク付き)※前売り・当日ともに

予約先:ima-bito-owner@yahoogroups.jp

※事前に予約していただけるとうれしいです。



○プログラム

1、音楽 今人/感謝/ムラヤテル

「今人」万人肯定型エネルギー発信源!

「感謝」安心ミュージック!

「ムラヤテル」さすらいのギタリスト!

によるライブ!!

2、映像 GPPAC 

ピースボートが世界中から集めたメッセージ映像の上映

3、写真 hirapress+

フリージャーナリスト集団「hirapress+」による写真展示

4、踊り はなこりあ

日本のよさこいと朝鮮半島のアリランを融合させた「はなこりあ」による演舞

5、言葉 参加者からのポエトリーリーディング

当日マイクパフォーマンスをしたいアーティスト募集!(要予約、先着2名)

予約先:ima-bito-owner@yahoogroups.jp

6、絵  ライブペインティング

お客さん参加型のライブペインティング

7、ファッション 9LOVE

9LOVE(クラブ)によるメッセージTシャツの展示・販売

8、空間アート 

色とア-トにあふれたお祭り空間を演出

ア-トなブースも多数出店!

虹色の世界へようこそ♪

9、????

9つ目のア-トは当日のお楽しみ!



『六ヶ所村エナジー』展

6月3日スペース楽多での鎌仲監督ドキュメンタリー「六ヶ所村ラプソディー」上映に伴い、昨年10月より展示してきている『六ヶ所村エナジー』が再び展示されることになりましたので、お知らせ致します。



『六ヶ所村エナジー』は私たちhirapress+が昨年10月に開催した写真です。



『六ヶ所村エナジー』フライヤー表1

『六ヶ所村エナジー』フライヤー表2

『六ヶ所村エナジー』フライヤー裏





それを機に、六ヶ所村関連のイベント、各地で自主上映がされ続けている「六ヶ所村ラプソディー」上映会場等で度々再展されてきました。今回もまたお声をかけて頂きとても光栄に思います。

まだ『六ヶ所村エナジー』展をご覧になっていない方や、「六ヶ所村ラプソディー」をご覧になっていない方がいらっしゃれば是非期間中お店に行かれるといいと思います。どちらかというと、私たちの写真展示より、鎌仲監督の「六ヶ所村ラプソディー」をご覧になっていない方には必見です。私たちが六ヶ所村へ行くきっかけとなった作品と言っても過言ではないです。





『六ヶ所村エナジー』展示期間*5/29(火)~6/3(日)

「六ヶ所村ラプソディー」上映*6/3(日)



@らくだ&つぼ(スペース楽多)



(世田谷区南烏山6-8-7 楽多ビル2F)



電話*03-5313-8151



営業時間*12→16:30/18時頃→24:00



(※16:30→18:00閉)



写真展「link -みんなのひかり-」

写真展 「link - みんなのひかり - 」



時間の変更があったので、再度お知らせ致します。



24日までは19:30までだったのが、22:00迄解放する事になりました。



お仕事終わりの方もぜひお立ち寄り下さい。



廃校を利用していて、教室なので、規模としては小さいですが、もしお時間があればより多くの方々にご来場頂きたく存じ上げます。



また、同時開催中の舞台は発電から処理までの再現をした興味深いものになっていて、勉強になります。

詳しくない方でも全く気兼ねすることもなく観れるものなので、こちらもぜひぜひ多くの方のご来場お待ちしております。





********************************



写真展 「link - みんなのひかり - 」



とき:2007年2月22日(木)~25日(日)

    (22~24日:12:00~22:00、25日:12:00~17:30)

    ※東京国際芸術祭2007にて上演される演劇

     「アトミック・サバイバー -ワーニャの子どもたち-」

     (http://tif.anj.or.jp/program/atomic.html)と同時開催。

     演劇チケットは「電子チケットぴあ」などで発売中!

    

ところ:にしすがも創造舎 1-1教室

    東京都豊島区西巣鴨4丁目9番1号(旧朝日中学校)

     ・都営三田線西巣鴨駅A2出口より徒歩1分

     ・都電荒川線新庚申塚駅より徒歩3分

     TEL. 03-5961-5200 http://sozosha.anj.or.jp/map/



写真展入場料:無料

写真展 「link - みんなのひかり - 」



写真展を開きます。

入場も無料ですので、気軽にお立ち寄り下さい。



**********************************



写真展 「link - みんなのひかり - 」



とき:2007年2月22日(木)~25日(日)

    (22~24日:12:00~19:30、25日:12:00~17:30)

    ※東京国際芸術祭2007にて上演される演劇

     「アトミック・サバイバー -ワーニャの子どもたち-」

     (http://tif.anj.or.jp/program/atomic.html)と同時開催。

     演劇チケットは「電子チケットぴあ」などで発売中!

    

ところ:にしすがも創造舎 1-1教室

    東京都豊島区西巣鴨4丁目9番1号(旧朝日中学校)

     ・都営三田線西巣鴨駅A2出口より徒歩1分

     ・都電荒川線新庚申塚駅より徒歩3分

     TEL. 03-5961-5200 http://sozosha.anj.or.jp/map/



写真展入場料:無料

主催:流動的写真集団 hirapress+

   (ヒラプレス・プラス)

   

hirapress+ とは?

‘06年5月に開催された、月刊誌『DAYS JAPAN』主催の「フォトジャーナリスト入門講座」受講者による表現集団「HIRAPRESS」。hirapress+は、このHIRAPRESS 有志と、活動の趣旨に賛同する者で構成される。これまで、2006年夏に青森県 六ヶ所村を訪れ、使用済み核燃料再処理工場を抱える村に住む人々を題材とし て取材。同年10月には写真展『六ヶ所村エナジー』を実施。

<link 出展メンバー> いながきみほこ。、kaori、熊谷 ようこ、此之島 真、 佐藤 和歌子、椎名 璃音、せつな、高野 ローラ、平野 大輔、松本、もくまおう、 望月 六、You僕民、吉田 タカコ、4'11''



**********************************

一夜限りの写真展@キャンドルナイト



以前もこのブログで紹介しました、オーガニックカフェ「Cafe Slow」さんで開かれるキャンドルナイトのイベント(参照:http://www.cafeslow.com/sche0612.htm 又は左のLINKS「Cafe Slow」より)に以前わたしたhirapress+(ヒラプレスプラス)が開いた写真展「六ヶ所エナジー -ヨソ者が見たもの聞いたこと-」で使用した写真を22日のイベント中、展示する事になりました。



もしこのイベントに参加される方がいらっしゃれば早めに予約を、との事です。
結構予約がきている様です。



お知らせまで。

写真展 告知

写真展が本決まりしたので告知



自分の所属するHIRAPRESS+で行った六ヵ所村の取材で撮り収めた写真の展示をします。



           *** 詳細 ***



「六ヵ所エナジ― -ヨソ者が見たもの、聞いたこと-」



期間:10月12日~16日

場所:「Café Slow」(カフェスロ-)@国分寺(南口より15分位で少し遠め)


営業時間:

日・月・木:11:00~19:00(18:30ラストオ-ダ-)

金・土:11:00~22:00(21:30ラストオ-ダ-) 

(毎日のランチタイム:11:00~15:00)

※火曜水曜定休※



●1階カフェ

写真展…●2階ギャラリ-+ワ-クショップスペ-ス


お時間あれば是非気軽に観に+遊びに来てください。

よろしくおねがいします。

このカテゴリーに該当する記事はありません。