JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発燃料製造会社 相次ぐ被曝



原発燃料製造会社で再び放射能漏れ、二人が被ばく/横須賀

被ばくは4人/横須賀の原発燃料工場

核燃料製造会社で微量のウランが飛散、作業員が被ばく/横須賀

事故翌日に見学ツアー、危機管理の甘さ露呈/横須賀・ウラン飛散事故

再発防止求める/原発燃料製造会社事故で知事

相次ぐ被ばく事故でGNF―Jに厳重注意/経産省





今月8日工場内で、「放射性物質が飛散し、作業員ら二人が被ばく」。

また「同社工場では七月九日にも男性作業員一人が被ばくする事故を起こしたばかり」とのことで、被曝事故が相次いでいるという。

市民にこういったことが知らされるのも初めてのようだ。



同工場には一度見学に行ったことがあるが、このグローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン(GNF)は「燃料製造会社」とあるように、原子力発電所で使われる燃料(正確にはいわゆる「燃料体」)を作っている所。原子力の過程ではいっちばん最初の部分にあたるところ。(厳密に云ったらウラン鉱山が一番だが。)





ソース:GNF-J ホームページ

http://www.gnfjapan.com/main/frame_jigyou.html





工場に入る時にはこんなものを付けるように指示されたので、有難く頂いてもらったサングラスみたいなやつ。一応工場だからかけるっぽいね。



キティーさんにかけてもらいました。









同社が経産省に提出している報告書の一部を紹介する。



管理区域内(第2ウラン回収室)でのウランの飛散について

管理区域内(第2ウラン回収室)でのウランの飛散について(第2報)



管理区域内(第2ウラン回収室)でのウランの飛散について(経過報告)

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。