JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

「岩国に吹いた風」著・井原勝介氏

 
井原さんからメールが届いた。
既にご存知の方もあるかと思いますが、転載可とのことで改めてここでもお知らせしたい。

------------------------------------

私の本「岩国に吹いた風」(高文研)ができ上がりました。  突然降りかかった空母艦載機部隊の移駐という難題、アメとムチで一方的に進めようとする国、その片棒を担ぎ圧力をかける県と市議会、大きな力に対抗して、平穏な生活を守るために闘ってきた市民と私の記録です。  国や県との交渉の過程なども含めてすべてを明らかにしました。政治がいかに欺瞞に満ちているか、その実態を多くの皆さんに知って欲しい。そして、平穏な生活を守るためには、自ら立ち上がり行動しなければならないことに気付いて欲しい。そうした思いから、筆を執りました。  ご一読いただければ幸いです。詳細は、私のブログをご参照下さい。  http://ihara-k.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-ea5f.html           

                井原 勝介


------------------------------------

該当の記事は見つかりませんでした。