JOURNAL ASIA
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

非公開コメント

“VOICES”

去年3月に横須賀で起きた米兵によるタクシードライバー殺害事件の第7回公判。



前回から小さい部屋に移った。

なんでだろう。



まぁ確かに傍聴も減ったけど、一応始まる時は40人位が抽選のため列を成してた。

あたしは抽選当たって一日傍聴出来た。

午後には人も減ってたけどね。



今日は検察側による被告に対する反対尋問。



検察官:「もともと料金を踏み倒すつもり(でナイフを持ち出し、

     タクシーに乗ったん)だったんじゃないですか?」

被告 :No.

検察官:「では、料金の支払いに関して

     どのように考えてたのですか?」

被告 :「特に何も考えてませんでした。」



検察官:「『前回(の尋問で)現金かカードで支払うつもり

     だった』と答えませんでしたか?」

被告 :Yes.

検察官:「先程『考えてなかった』と言いましたが、現金かカード

     で支払おうと考えたのはいつですか?」

被告 :can't recall.(思い出せません。)



被告はリバティーリスクにおかれており、艦から出てはいけない立場であった。本人はそれに不満を抱いていたことを明らかにしたものの、あくまで船、そして基地を出たのは「声」の指示によるものだと云った。指示の内容を聞かれると、“Not return the ship”と云ってみたかと思えば“Leave the ship”と云ったり、どっちなのかと聞かれ、両方だと答えた。



検察官が「あなたは好きなことばかりして、都合の悪いことは全て“Voices”(「声」)のせいにしているんじゃないか?」と力む場面も見られたが、被告は「それは違う。」と静かに、変わらない調子で答えた。弁護側も動じる表情を見せることは一度もなかった。



リバティーリスク下に被告がおかれていたこと、またそれが「艦から出ることが許されないこと」を意味するということは、(あたしの認識する限りでは)これまで明らかにされることがなかったことではあったが、弁護人も、また席についている米海軍関係者もそれに動じる様子は見せなかったのがちょっと意外だった。



肝心なところでそれらは「声の指示」「自分の意思ではない」「覚えていない」「思い出せない」、声の指示を聞かれても答えに一貫性は必ずしもなかったり。



鑑定人は最後に(彼自身が)必要と思われる質問をした。



鑑定人:「カシミール(人名)のクレジットカードのことだが、

     誰のか分からなかったから使ったとのことですね?」

被告 :「はい。」

鑑定人:「誰のか分かったら返してた?」

被告 :「返すつもりでした。」

鑑定人:「ではなぜ使ったんですか?」

被告 :「『声』が聞こえたからです。」

鑑定人:「『声』は何て?」

被告 :「カードを使え」

鑑定人:「誰のか分からず、分かったら返すつもりだったけど、

     声が聞こえて使った、ということで

    (順は)合ってますか?」

被告 :「いえ違います。」

    「見つけた時に声は聞こえた。」

鑑定人:「それでは、その後に返そうと思ったんですか?」

被告 :「覚えてません。」



検察官、裁判長、裁判官、鑑定人は、それぞれ彼の意思の有無(例えばタクシー料金の支払い方法、タクシー乗車した日所持していたカードに無効なものが含まれ、使えないことを知っていたか、なぜ横須賀に戻ろうと思ったのか、カシミールのクレジットカードを返す意思、事件の起きた週に六本木で遊ぶ約束をしていたが、その時発生する料金に関してはどうするつもりだったのか等)に関して明らかにしようとしたが、今回全てが明確にはならなかったように見えた。



次回期日は4月28日10時から。

鑑定人のプレゼン、鑑定人/裁判長から被告に対する質疑が行われる予定。

やはり一日がかり。



今日の公判が終え、エレベーターを待っていると、弁護人の方が話しかけてきたのが凄く意外だった。弁護人に限らず、関係者は話しかけるなオーラが相当あったように感じててあたしからは話しかけにくかったから。

毎回傍聴してたから、知ってたんだね。

「お疲れさまです。こういうのに興味があるんですか?」って。

こういう裁判はどういう基準で判決づけが出来るのかとか色々聞けば良かった。。

鑑定はそれに入らないらしいことはずっと裁判長が云ってるけど。



話飛ぶけど、今日質疑で出てね、海軍の給料。月1400ドルなんだってー

$1=¥ 94.78(09年2月24日現在)で日本円にしたら、¥132,685だよ!?結構ビックリなんだけど。横須賀じゃ飲食に限らず、面倒だから$1は¥100として扱われるから関係ないだろうけど、一応通常のレートで計算してみても、$1=¥100にしたって、確かに安月給的なイメージはあるけど、あたしとそんな変わんないし、バイトなあたしの方がいいんじゃない?みたいな額よね汗

大変だよね、海軍兵も。


コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。