JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

河野太郎さん日記で六ヶ所

一応自民党の河野太郎さんのメールマガジンを転載:



ごまめの歯ぎしり メールマガジン版

衆議院議員河野太郎の国会日記

===========================================================

仙台で、核燃料サイクル政策、とくに六ヶ所再処理工場を考えるフ

ォーラムの講師を務める。

主催は六ヶ所再処理工場稼働阻止みやぎネットワーク。



高速増殖炉の商業化のメドがたたないときに、再処理工場を稼働さ

せても意味がない、プルサーマルはあくまで敗戦処理であって、ウ

ラン資源のリサイクルですなどといってプルサーマルがよいもので

あるかのような推進はおかしいと申し上げる。



わざわざ佐賀県から、プルサーマルに反対する方々がいらっしゃっ

て、ご挨拶申し上げたが、六ヶ所の再処理工場は止めても全く問題

がないのと違って、余剰プルトニウムを処理するプルサーマルは、

余計な作業であるが、余剰プルトニウムの処理の代替策も考えねば

ならないということで、一概に全部止めればよいということでもな

い。



もっともプルサーマルができなければ、再処理してプルトニウムを

取り出すことに対する逆風になるわけで、プルサーマルをさあやり

ましょうというわけにもいかない。



最終処分場の問題は、日本にとって必ず必要なものだから、それぞ

れの地域が反対なのはわかるが、どこかには必要になってくる。



質疑応答の中で、河野さん、一人で逆立ちしているだけで、あんた

恥ずかしくないのか、当選四回じゃ、なにもできないだろうという

声もあった。



でも、一人でもいうべきことは言わなければ、物事は変わらない。



基礎年金の全額税方式だって、あの総裁選挙の時は、河野太郎はバ

カじゃないかと言われたが、最近、自民党が河野太郎に追いついて

きた。



エネルギー政策だって、そのうちに自民党が河野太郎にすり寄って

くるさ。



2月25日の夜には、TOKYO FMのデイリープラネットとい

うラジオ番組で、Sugizoさんといっしょに約三十分、生出演

する。(午後九時ぐらいから三十分)

テーマはもちろん再処理工場。



この問題を、スポンサーの意向があるからと、テレビや新聞が全く

取り上げないということも、だんだんと多くの人が気づき始めてい

る。

そして、マスコミもそういわれ始めていることに気がついている。



とうとうあの日本経済新聞が、核燃料サイクルの件で取材に来た。

へーえ、日経新聞が、核燃料サイクルのこと、記事にできるの、と

冷やかしたら、かけるように頑張りますとのこと。

核燃料サイクルの記事が日経に出るか、それとも電力会社の広告が

増えるか、日経新聞の良心がどの程度のものか、どうぞ、読者のみ

なさん、ご注目下さい。

===========================================================

メルマガバックナンバーはこちら(ブログ版)↓

http://www.taro.org/blog/

コメント歓迎します!



■発行:河野太郎

●購読申し込み・解除:  http://www.taro.org/blog/

●関連ホームページ: http://www.taro.org/

●ご意見・お問い合わせ: http://www.taro.org/contact.html



当レポートに掲載された記事は、全文を掲載する場合に限り転載・

再配布できます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/194-190ac231
該当の記事は見つかりませんでした。