JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

ドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』

遅いけど、『靖国 YASUKUNI』が話題になってる。



ドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』



なんか知っている人も多そうだけど、書き記しておきたい。



今月12日には - 日本では非常に珍しく - 国会議員を対象とした同作品の試写会が開かれたという。そして上映予定4館のうち、1館が既に上映を取り消している。新宿バルト9だ。



▼関連▼

映画『靖国 YASUKUNI』公式サイト



国会議員が検証求めた「靖国」試写に80人 反応様々

朝日 2008年03月12日23時16分



文化庁所管法人助成の『靖国』映画 国会議員に異例の試写会

東京 2008年3月13日 朝刊



「靖国」上映を中止 東京の映画館

朝日 2008年03月18日09時03分



▼参考▼

NPJ通信:http://www.news-pj.net/npj/katsura/index.html







上映予定は以下3館:

渋谷Q-AX     http://www.q-ax.com/index.cfm?action=top 

銀座シネパトス  http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/a_ginza/ginza_time.html 

シネマート六本木 http://www.cinemart.co.jp/index.html 



ネットでの前売りチケットを買うことが出来る:

http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0808712&perfCd=001

【Pコード】479-186

【料金】  ¥1300



---



やっぱり日本の国会はウケるね。

面白い人が居るんだと思った。この在る種映画と同時に話題の<稲田朋美衆院議員>。



みんな引用して多用されてるけど、

「靖国神社が、侵略戦争に国民を駆り立てる装置だったというイデオロギー的メッセージを感じた」「偏ったメッセージがある」



いい事ぢゃん。メッセージ性がある映画で。逆にメッセージ性の無い映画ならつまんないぞ?「助成金にふさわしい政治的に中立な作品かどうか」を気にしてるみたいだけど、ドキュメンタリーに中立性を求めるのは極めて難しい。ぢゃあ自分で作ってみたら?『天皇万歳』とかで、「助成金にふさわしい政治的に中立な作品」を是非。それに「反日」がダメで「親米」はいいのかぁ・・意味解んない。。。

でも、ぢゃあどうして「靖国」が成立するのか、真面目に議論しているのを聞きたい。真面目に。もしかしたら理解出来ちゃうかもしれないし(笑)



とにかく、議員だけの楽しみにさせないんだからッ(笑)

あたしも観たーいーくしゅん

まさか、あんな事云っといて、一人で映画を楽しみたかったのか・・稲田さん。

いや、あんな事云っといて、実は逆に映画を市民に注目させたかった人だったりして(笑)

いやいやいやぁ、それはないと思うけど、ぜひぜひ首都圏だけと云わず、全国で上映してねきゃ



これだけ自ら話題を起こしたんだしにこ



前売り買うよ☆☆

いわゆる“あたしだって観たいぞアピールサポート”。



公開は4月12日予定。

たのしみ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/207-f650587c
該当の記事は見つかりませんでした。