JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回・5回『原発・再処理入門mini講座』

『原発・再処理入門mini講座』第4回・5回の日程が原子力資料情報室HPにアップされていたので転載。





■第4回



日時:2008年3月4日(火)18:30~



会場:総評会館501会議室

http://www.sohyokaikan.or.jp/access/



『高レベルガラス固化体の危険性と最終処分問題』

 西尾 漠+澤井正子(モデレーター)



六ヶ所再処理工場のアクティブ試験では、第4ステップで高レベル廃液でガラス固化体を製造する能力について、日本原燃が2つの溶融炉(A/B)で確認することになっていました。日本原燃はA系列の溶融炉一つでさえ「キチンとした試験結果を出すことができませでした」という報告書を公表しています。ところが原子力安全保安院は2月14日、段階を追って安全性を確認するという試験の前提を無視しアクティブ試験を第5ステップに進めることにお墨付きを与えてしまいました。死の灰の塊、高レベルガラス固化体の危険性、さらに固化体の製造技術の問題、そして最終処分場の問題など、「トイレなきマンション」と呼ばれる原子力発電所の抱える大困難について考えます。





*関連情報

(デーリー東北)

http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2008/kn080215b.htm

http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2008/kn080215a.htm




(東奥日報)

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080217110703.asp

http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2008/sha20080216.html

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080214130142.asp




(日本原燃)

第4ステップの終了と第5ステップの開始

http://www.jnfl.co.jp/daily-stat/000000-month/re_siken.html

高レベル廃液ガラス固化設備の試験状況報告について

http://www.jnfl.co.jp/press/pressj2007/pr080204-1.html





■第5回



日時:3月18日(火)18:30~



会場:総評会館501会議室

http://www.sohyokaikan.or.jp/access/





※第5回の内容については決まり次第お知らせいたします。

 リクエストも受付中です。





●資料代:¥500(各回とも)



●事前の参加登録の必要はありません。



   主催:原子力資料情報室   協力:原水禁

   〒162-0065

   東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B

   TEL:03-3357-3800  FAX:03-3357-3801







『原発・再処理入門mini講座』第1回~3回(終了済)

http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=595





∞ふろく∞



最近マイブーム化している【ゆず茶】Docomo_hart2

ゆず茶



epfのmtgが今日あったので、早速みんなにもお裾分けしたいと思ったのに忘れた。。

事務所にはリーダーが寝泊まりしてた。



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

知らない方の為に

(っていうか知らなくて当然 笑)

epfとは(笑):「epf」始まる。[hirapress+からのお知らせ]

←最初の通知部分をご参照下さい。



☆メンバー紹介☆

発起人:オジさん3名とあたし+NGO系お姉さんの5名

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



epfの本格稼動は今年1月下旬でしたが、遅れています。

恐らくHP完成と同時にオフィシャルオープン予定。

少々お待ちを汗



先日あたしが載せた記事に関して、リーダーと話して、いい評価を受けて本当に嬉しかったです。「面白い」って云ってくれて。素直に嬉しく思う。

「ちゃんとした文書けるんだね」の意味が少々理解出来ませんでしたが笑、あの写真の意味、どうして採用されたか考えられる理由を話してくれて、結果として自分でも自分がしたことの意味等を改めて考えることが出来た。



やっぱり人と話すことはやめられない。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/238-9ebad958
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。