JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

【六ヶ所】1/1 せん断機から油漏れ事故発生





もう手に負えないことはやめようよー。。

怖いーーー動泣くま汗





勉強ソース:原子力資料情報室勉強



**************************



六ヶ所再処理工場:

  年末年始もアクティブ試験を継続中

1/1 せん断機から油漏れ事故発生




◆2008年1月1日、日本原燃六ヶ所再処理工場の使用済み燃料せん断機で油漏れの 事故が発生した。事故当時はせん断作業中で、現在せん断は中止され、事故原因 の調査が行われている。



報道等によれば、事故が起きたのは六ケ所再処理工場の前処理建屋3階にあるせ ん断機油圧装置B室。18:05頃、巡視員が「煙が見えた。油漏れもある」として、 119番通報があった。六ヶ所消防署から消防車が出動したが、20:47同署は火災は ないとしている。



事故の起こった場所は放射線管理区域内だが、この事故による放射能等の外部へ の影響はないと公表されている。



事故では、せん断機の駆動用の油が約800リットルが床に漏れた模様だ。巡視員 は、せん断機の油から煙が出ていることを確認したとしている。日本原燃は報道 に対し、「機器に何らかの損傷があり、煙が出た可能性がある」、「煙のように 見えていたのは、油が噴き出して霧状になっていたものかもしれない。」、「せ ん断作業復旧の見通しについては現時点では何とも言えない」としている。



◆六ヶ所再処理工場の前処理建屋では、使用済み燃料をせん断(ぶつ切り)し、 せん断片を膿硝酸に溶かすなどの作業が行われる。せん断装置のラインは2系列 (A系、B系)設置されており、今回の事故はB系のせん断機で起きたようだ。せ ん断は油圧を利用して使用済み燃料を切断する仕組みになっていて、この油が漏 れた模様。漏れた油の量は約800リットル(ドラム缶約4本分)という大量だ。



◆日本原燃の『トラブル事例集』にせん断機の漏えい事故の例として下記解説が ある。

しかし今回の事故のような、装置で煙が発生したり、霧状で大量の油が漏れるよ うな想定にはなっていない。克明な原因調査が望まれる。

【No.2-01:せん断機油圧ユニットからの油の漏えい】

http://www.jnfl.co.jp/cycle-recycle/re_siken-tandt/pdf/2-01.pdf



◆年末年始もアクティブ試験を継続中

日本原燃は、アクティブ試験の第4ステップが予定の日程を大幅に超過している こと、さらにアクティブ試験工程の変更などによってこの年末年始に1日も休ま ず工場の運転を続けている。各建屋別の作業内容は下記参照。このような日程優 先の過密ななスケジュールは、工場の作業員に過大な負担や疲労を与えることは 確実である。さらに事故原因調査や再発防止策が十分に行われない可能性さえ危 惧される。



六ヶ所再処理工場の年末年始の作業について

http://www.jnfl.co.jp/daily-stat/topics/071228-recycle-01.html

http://www.jnfl.co.jp/daily-stat/topics/071228-recycle-01.pdf



◆この事故は、日本原燃の公表基準では、【B情報】とされ、翌平日以降にホーム ページ上に公表されることになっている。しかし同社のホームページは工場が稼 働中であるにもかかわらず、昨年末の12月28日以降更新されておらず、この事故 の日本原燃による公表は1月4日以降になる。年末年始や週末に係わる情報公開の あり方を、再検討するべきである。





りらっくま的なくま関連記事りらっくま的なくま





【東奥日報】01/01 20:40

せん断機の油漏れる/再処理工場





【毎日新聞】2008年1月1日 21時37分

核再処理工場:せん断機から油漏れ発煙 青森・六ケ所村





【読売新聞】2008年1月1日22時14分

核燃料再処理工場の油圧機、800リットル油漏れる





【東奥日報】01/03 10:57

せん断機用油800リットル漏れ/六ケ所再処理工場





**************************





そういえば去年柏崎刈羽原発事故後の写真 - 経済産業省原子力安全・保安院が詳細に記録した - 未公開の画像676点が、岡山県の市民団体が情報公開請求して、9月末出されたっけ。



固体廃棄物貯蔵庫2



固体廃棄物貯蔵庫3



固体廃棄物貯蔵庫8





ずさんですねー。。。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/280-167183ea
該当の記事は見つかりませんでした。