JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.25.第4期日浚渫差止裁判 工事禁止仮処分結審

年末年始にあるバイトで40万稼ぐ予定だったんだけど、ちょっと日程的に合わず延期。笑

その分、とりあえず登録してる話題の派遣で働くしかないっ!って切り替えたんだけど、切り替えるのが遅かった・・・幕張カウントダウン定員達しちゃったって。連絡待ち・・・えー汗汗



ということで、いいバイトご存知の方、仕事紹介して下さいーぴのこ:)

何でもやりますどこも笑

出来れば短期でがっつり働けるバイトをぜひkirakira



それはそうと、告知したように、今日25日は横須賀支部にて浚渫工事差止訴訟 第4期日でした。

結論から云えば、

仮処分は結審2月末をめどに判決が出される予定



本訴は今回は結審せず、更に続く。



りらっくま的なくま次回期日:2月18日 午後1時半~。2名を証人として調べる。



①上澤千尋さん(原子力資料情報室)

②野本哲夫さん(神奈川県保険医協会公害環境対策部長 医師)



りらっくま的なくま次々回期日:3月25日 午後1時半~【最終弁論期日】に結審

それぞれ(原告、被告)最終準備書面を出す。



→判決:4月、5月頃



裁判の流れに関しては以上。



<今日の動きや中身に関して>



これまでも紹介させて頂いてきた、「原子力空母の為の浚渫工事差止仮処分に迅速かつ公平な裁判を求める署名」を前回期日11月26日と、12月25日本日第4期日の2度に渡り提出されました。

この署名は原子力空母による被害も考慮されるべきで、また予測される被害に関しては本来立証責任を負うべきなのは国であること、原子力空母の問題から逃げないよう求めたもの。



前回提出分:23939筆

今回提出分:55208筆



計:79147筆エクステンション



今日の裁判の中身の要点は3つ:



①【浚渫工事による汚染そのものの広がり】



NEW他の所ではハゼは釣れているのに対し、米海軍横須賀基地前のウェルニー公園では3匹のみ。更にその3匹は奇形。背骨が曲がっている。国の出しているデータに異議がある。汚染が広がっている。



②【原子力空母の危険性】



日本の原発と比較した場合、原発が横須賀で許可されることが有り得ない。

原子炉等規制法の基準で審査した場合、許可されることが有り得ない。

つまり、本来原発ならば許可されることは有り得ないのに、原子力空母に関しては国は何ら審査をしていないことを指摘。

活断層の影響等も考慮されていない。



また、一定の距離以内の所には人口がほとんど住んでいないことを基準とされているが、「0.25Sv(シーベルト)の範囲は半径60km以内で、神奈川県全域、東京都の大半、千葉県の半分が入り、2500万人」が住んでいる。



③【取り返しがつかない被害】



原子力空母の危険性に関して何も審査がされていないことは有り得ないし、またその指摘に対し、国は何も反証しようともしないことも考えられない。

市民の安全を守るため、最低限の安全性の審査もなされずして、原子力空母を迎えた末に起きうる原子炉事故。またその被害は取り返しがつくものではないため、市民がさらされている危険性から守れるか、今この浚渫工事差止の判決にかかっている。

市民の安全を守る、確保するという意味でも、裁判所に判断を目指されたい。



・・・・・・・・・・・・・・・・

*補足事項*



前回の原子力空母の安全性に関して国の回答はアメリカの原子力規制委員会が審査しているから安全というもので、どのように審査したかは明らかにされていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・



ふたつむすびちょっと整理おめかし



今年7月3日提訴した浚渫工事差止訴訟。原告数約640名。

原告は横須賀、首都圏に及ぶ。



だけど8月10日浚渫工事着工

終了予定が来年5月末迄。



これでは間に合わないということで、



9月13日、

浚渫工事禁止を求める仮処分申立を、横浜地裁横須賀支部に行った。

原告数:402名。



本訴(浚渫工事差止訴訟)と合わせると原告数は約1000名に上る。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



付録笑∞ヒトリゴト∞



あたしが関わり出したのって、7月下旬で、取材したいって直接申し出たのが8月10日で、その日浚渫が始まったのを後日知って。

っていうか「浚渫」って読めなかったし笑



それまでの流れとか全然分かんないけど取りかかりだして。



今もこれまでの流れを把握しきれてないから、年、日付と出来事を日本史覚えるかのように照合したりっていう作業をしてるぴのこ:)失礼だなぁ・・ってよく思うから早く把握したい。

この際、市長に逢いたいと思った。



っていうか、あたしはそもそもバカなんで、分からないことが多過ぎ。

人一倍バカだから、情報は何度も聞いた方がいいと思って、取材を始めた時から事務局会に参加させて頂くようにしてきて、記者会見でフラっとくる記者さんよりかは、普段会などの皆さんと顔合わせる分、分かってるような気になっちゃってた愚かなあたしが居て、だけどすぐにあたしは人より1年、2年のおーーーーきなブランクがあることとその大きさにいつだったか気付いて、さっき云ったような作業に大急ぎであたってたわけだけど笑

そしたらね、色々なアホな疑問が浮かぶわけ。そこで、市長に逢いたいんだけど、



しょーじきに云ってしまうと、

どうして市長が容認したのかとか、市長は原子力空母に来てほしいの?むしろ。とか原子力空母が来るっていつから話に出るようになったか、っていうか何で原子力空母?とか、っていうか何で容認したの?(しつこい‥笑)とか、どうして米軍を信じるの?とか、話や資料で流れが多少分かったところで、どうしてそうなったのか分らなくて知りたいことがある。「今更聞けないこと」なのに、一瞬帰り道一緒だった呉東さんに、バカにされるなぁと思いながらもせっかくだし、もう今年お目にかかるか謎だしってことで、ちょこっと試しに聞いたりはしたんだけど、市長に聞いてみたいじゃんね双葉

ということで明日市長アポに挑戦。



ちーなみに、1週間?程前の話だけど、防衛局に浚渫工事現場に一緒に入らせてほしいという願い出は不可ということでした笑

就職すれば関われるかもよって仰るので、「就職は検討しておりません。」とその提案に対しては丁重に却下させて頂きました。笑





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/290-4e5ca8b6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。