JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

映画『核分裂過程』上映会

明日、12月3日には原子力資料情報室主催で、映画『核分裂過程』上映会が、なかのZERO視聴覚ホールにて開催されますおめかし

行かれる予定の方も多いかと思いますが一応あたし自身のブログでもご紹介させて頂きますねdocomoDocomo80



年末は原子力関連のイベントが立て続けだねーぴのこ:)



それだけそれぞれの地域で危機感を持っている人たちが多いってことだと思っても、間違いだとは一概に云えないんぢゃないかなって思うおめかし



18時開場、18時開演だそうなので、お時間がある方は行かれてみてはどうでしょうかバイバイ



双葉詳細双葉



映画『核分裂過程』上映会

―ドイツ・バッカースドルフ再処理工場建設反対運動の記録―



■2007年12月3日(月) PM6:00開場 PM6:30開演

            PM9時終了予定

■於:なかのZERO視聴覚ホール(地下2階)

http://www.nices.jp/access/zero.html

中野区中野2-9-7 JR・東京メトロ東西線中野駅徒歩8分



■参加費:1000円



■共催:「再処理工場を知る会」「環境問題を考える会」



■問合せ:03-3357-3800(原子力資料情報室)





敗戦国のドイツと日本は、戦後国際社会に対して核武装の放棄を宣言した。

しかし、両国とも平和利用としての核燃料再処理工場建設計画を進めた。



ドイツでは、1971年カールスルーエ試験プラントが運転を開始。

しかし1989年、4月バッカースドルフ再処理工場の建設は、突然中止された。



当時のチェコ・スロバキアとの国境近くのバッカースドルフ村。

放射性廃棄物が来る!

故郷を守るために集まった5万人の人々。

強引に進められる工事や、

襲いかかる機動隊を目の当たりにして

村人の意識は大きく変わってゆく。

鉄柵の中から発射されるガス弾も、

住民の決意を変えることはできなかった。

大切なのは、あきらめないこと。

そして夢をもち続けること。



日本では1977年東海再処理工場が運転開始。

そして六ヶ所再処理工場(800トン)の稼働(2008年2月)が近づいている。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/314-abce0ee1
該当の記事は見つかりませんでした。