JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

11.26. 浚渫差止裁判@横須賀支部

呉東弁護士@横須賀支部正面門



めちゃくちゃ粗くてゴメンなさいッ汗ぴのこ:)ぴのこ:)

こちらは裁判、審尋終了後、市民の人々に状況を説明する呉東弁護士です。



呉東弁護士は以前も少し云ったように、

とても熱の入りやすい(無理もないけど)アツイ人で

いつもみんなのために頑張ってくれている人照

だからとっても好感が持てる人だったけど、

今日傍聴席に座ってたあたしにわざわざ歩み寄って来て、

法廷の側から冊越しに

「帽子は取った方がいい」と一言。



「え?帽子??」とあたしは自分の頭に手をやる。



“あたし今日帽子かぶって来たっけ??”と思って、しばらく自問していた。



そんなあたしに対して「え、それ帽子ぢゃないの?」と呉東弁護士。



エクステのことかいッぴのこ:)笑



「え・・帽子ぢゃないです・・・」とあたしは返した。



だって帽子じゃないもん

エクステ/ハードスタイル・ソフトドレットです。

アップにしていると「帽子」だと思うお年寄りがたまに確かに居るけど

まさか呉東さんまでそんなこと云うなんて・・・



「呉東さんなんて大っ嫌い!」と好きなのに云ってしまった

云うことになったことが残念だった・・・動泣くま汗 笑



ハードスタイル・ソフドレ

↑呉東さんに向かって「大嫌い」って云う原因となった髪りらっくま的なくま



それはそうと、裁判裁判りらっくま的なくま



まだまだ国は原子力空母の安全性の具体的根拠、証拠を出してきません。

粘るねー

工事終わるまで「無回答の回答」を続ける気なんかなぁ??

工事終わっちゃえば何でも出来ちゃうもんね。



後半、一人の弁護士さんが立ち上がって

「証明を出す気はあるのか」って云って

憤った。



日米安保にしがみついて、

ファクトシートのみなんて云う、

アメリカに要求することすらしないのが

一国の主権国家なんて云えるのか的なことを何度も云ったら、

国側は黙っちゃった。



少しだけ“会話のある”裁判を初めて見れた気がする。



あとあと聞いたら、こちらに対するパフォーマンス的な意味も多少あったみたい。

それがありつつ、向こうに云う、みたいな。

市民もわざわざ来てるし、

それに弁護団、国の人たちも来て顔合わしてる訳だから

それなりにその意味のあることをしようっていう二人の弁護士の打ち合わせだったってにこ



そういうのって大事よね。

顔合せてんだもん、確かに。

あたし前に横浜地裁に傍聴しに行った時なんてほんの十分足らずで

書類の交換と次回期日調整のみで

はるばる笑朝から行ったのにその呆気なさに驚いてたら

「こんなもんよ」って皆さん云うから

へーとか云って慣れないあたしは

変なのー変なのーってずーっと云ってたなぁ前は。笑



ということで、

裁判・審尋後、

呉東さんが裁判所正面入口の前で市民に話してくれた詳細を

そのまま書き出してみたよdocomo



こうしてみると呉東さんの口癖が分かるにこkirakira笑



kirakira∞キラキラkirakira∞キラキラkirakira∞キラキラkirakira∞キラキラkirakira∞キラキラkirakira∞キラキラ



原子炉に関係の色んな事故の事とか、安全性の事どうなのか答えろと

いうことについての返答ですが、これ(資料)を見ても分かるようにきちんと答えられていません。

例えば、事故が起こったという事例を示していてそれについてどうなのかと、いうことを聞いたら「把握していない」と。それからあの、

前回色々出てきたんですね、日米で密約があったと、いうような問題についてはどうなのか、というのは「資料が曖昧答えられない」とかですね「コメントする立場にない」と、いうようなことを言っていて

例えば

「どの位海面が下がったら海水が取り入れなくなるのか」と「それは答えられない」というかその「分からない」というような回答です。

でもね、今海面が

下がったら困るから今浚渫工事をやってるんだから

浚渫工事をやっていながらね、自分でその国民の税金遣っていながらどのくらいしたらということが「分からない」というのは全然その工事だって無駄になっちゃう可能性があるんじゃないのと、そういうところもあると。



で、一番の重要なところは国が要するに

この原子力空母の原子炉が安全だというふうに審査した根拠にある具体的な書類を全部出せといったんですよ。で今日は少なくともいくつか出てくると思ってました。ところが全く無いと言ってました。つまりファクトシートしかないと言っている。

ということはファクトシートが出たのは去年の四月だから

日本政府がこの原子力空母の受け入れを決めたのは一昨年の十月でしょ。

ということは何の資料なしに受け入れてしまったということになるんですよ。

これはおかしいし、これは私たちとしてはほとんどの国民の安全を捨てているということとしか考えられないからこれは断固抗議しなきゃいけない。

 

つまりあまりにもこれはその

原発訴訟なんかも国はこんなにの資料は出してくるわけですよ。

裁判所もその安全だということを要するに

国、あるいは電力会社の方が立証しなきゃならないという、責任を課すというのに

本件では何も出せないと、いうことはとんでもないということだと同時に、やはりそこのところを問題をしていかなければならないということですね。



だから今日みなさんの署名を出しました。

その署名の一つのテーマは、

要するにこの問題について、どちらが立証しなきゃならないのか、

我々が危険性を立証しなきゃならないのか

国が安全性を立証しなければならないのか

それからその

原子力空母の問題は裁判のテーマになるのかならないのか

ここところは非常に極めて重要です。

このどちらの道にポイントにいくかどうかで

この裁判は決められていくくらい重要なポイントだし

そこまでまぁ裁判の争点が煮詰まっているといえば煮詰まっている

ということだろうと思います。



そこで今日はだから二つの重要なこちら、ものを出しています。



一つはこのお配りしたものの中にある

磯野さんという先生に書いて頂いた意見書です。

これが15ページくらい、非常によく出来た意見書だと思います。



そのなかに三つ言っています。



一つは我々のどういう権利の侵害が差止の根拠となるのか。

それについては我々の健康が害される。健康が害されるというのもそうだけど

やはりその平穏な生活を害されるということもその人格権の侵害だということも言っている。それからあと漁業者の漁業者の権利です。が差止の根拠となる、ということです。



二番目は、今言ったように、浚渫の工事だけではなくて、

原子力空母の工事も被害の対象になるということ。

それは何故かというと

例えばその先日小田急の最高裁の判決がありましたが、

最高裁が言っているのは、鉄道を高架化するという工事があります。

勿論高架化するという工事もうるさいかもしれないけれど、

一番うるさいのは高架化された鉄道の騒音の方。つまり電車が通ることによって起こる騒音の被害もその差止の根拠っていうかな、そういう権利侵害になんだということをいっている。

これは皆さん、考えてみれば当たり前のことであってね。

飛行場の差止の建設を止めようとする場合には

飛行場の差止の工事だけの被害だけじゃなくて、飛行機が飛ぶ事がうるさいから差止の

権利が認められるわけでしょ?

鉄道だってそうではないですか

例えばごみの焼却場とか廃棄物の処分場だって、その作る工事自体の被害で差止が認められるんではなくて、そこに有害なものが持ち込まれるからですよ。

で、この場合には浚渫というのは

海でいえば海のレールを作っているようなものですよ

海の鉄道を作り、海の空港を作っているようなものであって、

その浚渫工事っていうのははっきり今回の場合には、水域施設、

つまり海のまぁ何ていうのかな、その道路だと、

海の中でハイウェイの工事をやっているようなものです。

その中の工事をやってる訳だからやはりきちっとその空母の方の被害も認められるべきということをいってます。



それともう一つの重要なテーマである

“どちらが証明しなきゃなんないのか”



ここが一番重要だと言うことは分かりますでしょ?



どっちも証拠を持っていない。

まぁ我々は相当、それなりの100点ばかりだしてるけど

国の方は一件もない、一件、たった一点です。

そのファクトシートだけしか出していない。

このことについてどちらが立証責任を追うのかで

そこで裁判所に逃げられてしまったら我々は負けですわ。

だからやはりこの問題でいうならば

やはり我々充分な事を尽くしたんだから

国が証明しなきゃなんないし、証明出来てないものはやはり危険なんだと

そういう風に裁判所に考えてもらわなきゃならない。

そこのところが一番重要なポイントです。

そこのところをまぁあの公害の、要するに

新潟水俣病公害判決とか

廃棄物の処分場で認めた判決とか

あとはやっぱりあの、最高裁とかも原発に関しては積極的な態度を示しているんです、総体的にはね。あのーやっぱりそれは危険だから

危険だからやはりその最高裁もそれなりに国とか電力会社に「積極的に立証しなさい」と。

そういうことからみると

なんという落差なのと。



かたやもうこれだけ証拠積み上げてそれでもダメだって云われることがある。

それなのに今回国は

何もしてないんじゃないのと。

何もしていないのに

こうやって認められるなんてことが同じ裁判所で、

日本の裁判所で、

同じ原子炉が持ち込まれていて、

そういうことがあっていいのかと。



ここのところに一番危機感おいて

今しているところなんですね。



一番のポイントはそういうところであります。



あとその他に皆さんにご報告しなきゃなんないのは

とにかく今その浚渫はむちゃくちゃな状態で進められています。



kirakira∞キラキラkirakira∞キラキラkirakira∞キラキラkirakira∞キラキラkirakira∞キラキラkirakira∞キラキラ

変なとこで切るけど許してねdocomoDocomo_hart2



さっき小腹が空いたなぁと思って冷蔵庫を開けると

ミルクプリン



つい最近買ったばかりのミルクプリンさんを発見エクステンション

しかし時刻は11時になろうとしてる・・・



ダイエッターのあたしとしては就寝4時間前は食べないことに決めてるから

見てお腹いっぱいになったって勘違いをあえてするとして

今日のとこはお預け笑顔ちゃん1号

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/319-5414b335
該当の記事は見つかりませんでした。