JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

航空機騒音がうるさい時

そういえばわたしが第四次厚木爆音訴訟の原告になってから初めて届いた便りに、このようなチラシが一枚入っていた:

「爆音がうるさいときは抗議と苦情の電話をしよう」



その真上にこう添えてある:

「苦情の電話は月ごとに集計され発表されています。米軍は苦情件数でうるささを判断するそうです。」



どういうことかと思い、調べてみた。

恐らく「苦情の電話は月ごとに集計され発表」というのはこれのことではないかと思う。

平成19年11月のWECPNLと騒音発生回数

参考:平成19年度観測結果



また「米軍は苦情件数でうるささを判断するそう」というのは上記前者サイトにも加えられている一文「1日ごとのうるささ指数(WECPNL)と騒音発生回数を騒音観測地点別に表示します」の「騒音発生回数」にあたるのだろうと推測する。



「騒音発生回数」・・・?



ちょっと違和感を感じるのはあたしだけ??笑

“そっか。”と訴訟団からの便りに入っていたチラシを思い返し、納得した。



「苦情の電話は月ごとに集計され発表されています。米軍は苦情件数でうるささを判断するそうです。」





つまり、「苦情件数=騒音発生回数」ということと、

もう一つ、前述「参考:平成19年度観測結果」から云えることは、「市民の方々に情報の公開を行っております」と一応に云ってはいるけど、だから義務は果たしているという感覚だってこと。



一方的な変な情報公開のような格好と、

「苦情件数=騒音発生回数」っていう何とも安直っていうか、

不思議な解釈法。



苦情の電話でしか「騒音だ」ってこと、主張出来ないなんて変なのー。。



っていうか、それ自体“情報”として知っている人ってどれくらい居るんだろう‥???



そんな状況で「公開」だなんて云ってほしくないわんヒナ汗ぴのこ:)



チラシに載っていた

【苦情の電話は各市の渉外課・基地対策課・企画調整課へ】を転載致します。



大和市基地対策課 :046・260・5312

大和市役所    :046・263・1111

綾瀬市基地対策課 :0467・70・5604

海老名市企画政策課:046・235・4634

座間市渉外課   :046・252・8307

相模原市渉外課  :042・769・8207

藤沢市渉外課   :0466・25・1111(代)内線2181

町田市企画調整課 :042・724・2103

神奈川県基地対策課:045・210・3375



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/323-c48b4a25
該当の記事は見つかりませんでした。