JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぢで!?:「再処理工場操業 来年2月に延期へ」







*以下転載*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東奥日報

2007年9月7日(金)



再処理工場操業 来年2月に延期へ



 日本原燃が、今年十一月に予定していた六ケ所再処理工場の本格操業の開始時期(完工時期)を二〇〇八年二月に延期する方針を固めたことが六日、分かった。近く正式に発表する。再処理工場の一部設備で耐震計算ミスが見つかり、アクティブ試験(試運転)が大幅に遅れたのが要因。



 本格操業時期については、同社の兒島伊佐美社長が八月二十九日の県議会全員協議会で「十一月は厳しい。工程について速やかに検討し、公表したい」と延期することを示唆していた。



 本格操業時期の変更は十一回目。耐震計算ミスによる試運転の遅れは四カ月だが、工程を工夫するなどして遅れを一部吸収し、延期は三カ月にとどめる意向だ。



 ただ、試運転を〇八年二月に終了し再処理工場が完工しても、日本原燃はその後、県や六ケ所村と安全協定を締結する必要があるため、実際の本格操業時期は、同年三月以降になる公算が大きい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*転載以上*



っていうか、延期2回目よね?

何で「延期」なんだろ。

いい加減違う方向性も普通に考えた方がいいかと。

再処理して使い回しは本当に可能ですか???



というか再処理過程で排出される高レベル放射性廃棄物はどうするのよ。。



どんだけ後先考えないわけ?

国上げてさ。。。





つくづくアホくせー





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/367-aa302c52
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。