JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

DAYS JAPAN 5月号

DAYS JAPAN 5月号





先日届いていたDAYS5月号を読んでいました。

内容は以下。

kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira



第3回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞 受賞者発表

大賞1位 ●イラク 米軍パトロールの惨劇/クリス・ホンドロス



大賞2位 ●母の旅 小児ガンの子とともに/レネ・C・バイヤー

●ネパールの民主化闘争/ショーラブ・ダス



大賞3位 ●爆撃下のベイルートとレバノン南部/フレデリック・ラファルグ

●バングラデシュの児童労働/G.M.B.アカシュ

●フィリピンの人口過密問題/マッズ・ニッセン



審査員特別賞 ●インドの季節労働者/プラシャント・パンジアール

●アフリカの光と影/フランチェスコ・ジゾラ

●傷ついたパラダイス・カシミール/アルタフ・クァドリ

●爆弾と隣り合わせの生活・ラオス/ショーン・サットン

受賞者プロフィール

応募者一覧

審査員講評

バックナンバー、定期購読、英語版、バインダーのご案内

写真展案内「地球の上に生きる 2007」

編集後記/DAYSからのお知らせ、サポーターズクラブ通信

HPよりl引用)



kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira∞∞∞kirakira



表紙は

第3回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞 2位を受賞したレネ・C・バイヤー氏の「母の旅 小児ガンの子とともに」からの一枚。此の彼女の「母の旅 小児ガンの子とともに」は最近ピューリッツァー賞を受賞した。



此れは小児ガンを患う息子と其のケアをする母親の旅を追ったもの。

抱えている問題はとても悲しいのに、写真からは明るい親子の姿だったのが印象的。先月行われたDAYSの三周年記念イベントでも大賞作品等を映写で見る事が出来たが、本の最後の方を拝見する限り、今年の「地球に生きる2007」でも展示されるそうなので、写真で見れる事が楽しみおめかしkirakira

この雑誌の最後に書いてある告知に依ると、「地球に生きる2007」に関する詳細は来月号/HPにてお知らせするそうです。そういえば去年も行ったなーと思って、少し懐かしくなりました某うさぎきらきら

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/417-31fa0661
該当の記事は見つかりませんでした。