JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

取材終了

1月16日~今日にかけて、中部地方、近畿地方を中心に取材をしてまいりました。

今名古屋で、深夜バスで東京に帰ります。

詳細は後日追ってまとめようと思っています。

取材地は以下:

●福井県大野市

●滋賀県余呉町

●岐阜県瑞浪市

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、大野市・余呉町に共通している点は、誘致が表面化し、また断念したところで、瑞浪市は超深地層研究所が在る所です。



余呉町は町民の方々の活気溢れる、自然豊かなところで、とても気に入りました。

みなさんも機会を作って行ってみるといいかと。



本当に有意義な時でした。

取材を通し出会った多くの人々との出逢いは想像以上に私にとってかけがえがなく、そんな機会を得られた事が本当に幸せに想います。



この場をお借りして、出逢ったすべての人々へ感謝の意を表します。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/446-5cefbae3
該当の記事は見つかりませんでした。