JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

1.11美浜の第3号機が遂に。



関西電力によると、

10日(予定通り)3号機の再開を計った。



ホームページにおいて

「美浜発電所3号機につきましては、本日13時00分に原子炉を起動し、同日23時37分に原子炉が臨界に達しましたので、お知らせします。」(10日)とし、11日には「美浜発電所3号機につきましては、本日17時59分に調整運転を開始しましたので、お知らせします。」と、失敗したにも関わらず尚も遂行した様だ。



美浜の人たちの怒りが簡単に想像出来てしまう[:あせあせ:][:あせあせ:]



おいおい・・・[:ムニョムニョ:]



更に読んでいて驚いた事は10日同時にこのような事が書かれていた。



「大飯発電所3号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力118万キロワット、定格熱出力342万3千キロワット)は、平成18年9月27日から第 12回定期検査を実施し、平成18年12月9日から定期検査の最終段階である調整運転を行っておりましたが、本日15時20分、経済産業省の最終検査に合格し、本格運転を再開しました。 」



大飯もかい!って。。



地図見れば一発で分かるけど、福井は本当に原発が多い。

住んでいる人たちの声が聞こえてないのかな?

不思議だ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/447-252175b2
該当の記事は見つかりませんでした。