JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

原子力空母航行禁止控訴審第2回期日

原子力空母航行禁止控訴審第2回期日:

11月30日午前11時半  霞が関東京高裁825号法廷

*参考*

平成22年ネ第4418号 原子力空母のための浚渫水域航行禁止等請求控訴事件 意見陳述

控訴理由書 (平成22年7月23日)

ストップ原子力空母母港裁判を進め る会の不屈の3年間の裁判 闘争の歩み

*関連* 日米合同原子力防災訓練について(市長記者会見)より

1. 訓練想定・訓練内容
横須賀港停泊中の原子力空母ジョージ・ワシントンから、ごく微量の放射能を含む冷却水漏れが発生したとの想定で、次の訓練を実施します。
1. 情報共有訓練
2. 日米合同環境モニタリング訓練
3. 広報訓練
4. 基地内日本人従業員への連絡訓練

2.参加予定機関
外務省、内閣府、文部科学省、防衛省、海上保安庁、海上自衛隊、神奈川県、神奈川県警、横須賀市、米海軍、米国大使館

3.実施日
11月18日(木曜日)

4.その他
訓練の実施時刻や取材方法については、別途、11月上旬にお知らせいたします。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/540-6f8c4acd
該当の記事は見つかりませんでした。