JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

毎日:仙谷長官 沖縄「甘受」発言を撤回

撤回の仕方(言い方)もどうかと思う。

「沖縄の方が総反発するような受け止めをされているとすれば、いつでも撤回する」

「沖縄の方が総反発するような受け止めをされているとすれば」?
するに決まってんだろ・・
なんで分かってるのに、するんだろう。
分かってないか、試しに言ってみたか。
試しに言うにしては、大胆すぎるだろ・・どんなチャレンジャーだよ。。。
いずれにせよ、結局「負担軽減」は口ばかりで、「甘受していただくというか、お願いしたい」っていうのが本音なんだろうね。

民主党政権になってから、意図がよく分からない、その“ちょっととりあえず言ってみる”(ある意味チャレンジ)精神が目立つように思う。

日米合意(現行案)の断念、県外移設、「こども手当」、「防衛大綱」改訂に伴う武器輸出三原則の「明確化」(=「緩和」)

どれも言い出してから揉めに揉めている。
なんだかそれもおかしな話だよね。

あたしが個人的に気に入らないのは、そこ。
言って反応見てるんだか知らないけど、“とりあえず言ってみる”っていうのは気に入らないな・・値切り交渉じゃないんだから。。
もはや「脱官僚」の「政治主導」とかいう次元じゃない気がする。



仙谷長官:沖縄「甘受」発言を撤回(毎日新聞 2010年12月14日 19時58分)

 仙谷由人官房長官は14日の記者会見で、沖縄に米軍基地負担の「甘受」を求めた13日の発言を撤回した。この発言に対しては仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事が14日の県議会で「理解ができない表現で誠に遺憾」と答弁した。仙谷氏は「沖縄の方が総反発するような受け止めをされているとすれば、いつでも撤回する」と述べた。

 仙谷氏は会見で、中国の軍事力拡大や不安定な朝鮮半島情勢に触れ「沖縄に米軍、特に海兵隊が存在する意義は大きい」と強調。「心苦しいが、負担をお願いせざるを得ないという意味で、甘受という言葉を使った」と釈明した。【野口武則】


http://mainichi.jp/photo/news/20101215k0000m010045000c.html

仙谷官房長官:沖縄の基地負担「甘受」を(毎日新聞 2010年12月13日 21時02分)

 仙谷由人官房長官は13日の記者会見で、沖縄県の米軍基地負担について「安全保障政策は中期的に見れば日米同盟深化と日韓連携の強化。沖縄の方々もそういう観点から、誠に申し訳ないが、こういうこと(基地負担)について甘受していただくというか、お願いしたい」と述べ、多くの米軍基地が沖縄に存在することに理解を求めた。

 「甘受」発言に対して、沖縄からは「民意は知事選でも明らか。非常に失礼な話だ」(沖縄県宜野湾市の山内繁雄基地政策部長)などの反発が出ており、菅直人首相の17、18日の沖縄訪問に影響が出そうだ。

 米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古に移設する日米合意についても「誠実に履行させてもらいたい。七重のひざを八重に折ってでもお願いしないといけない。そのために菅首相が(17日からの沖縄訪問という)アクションをする」と語った。

 仙谷氏はまた、「沖縄の皆さん方に長年、日本人、ヤマトンチュ(本土の人)としてしわ寄せを押しつけてきた」と語ったが、「一朝一夕ですべての基地を国内の他の地に移すとはいかない」と説明した。【野口武則】


http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101214k0000m010089000c.html?inb=yt


かん‐じゅ【甘受】
[名](スル)やむをえないものとしてあまんじて受け入れること。「苦言を―する」
類語:
⇒どうい【同意】

                         Yahoo!辞書より

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/568-a60e3168
該当の記事は見つかりませんでした。