JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

池子米軍住宅追加建設に反対する市民集会

転送・転載歓迎

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  
 池子米軍住宅追加建設に反対する市民集会
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*日時:1月29日(土)午後2時30分
*場所:かながわ県民センター304号室
     横浜駅西口から徒歩5分、ヨドバシ・カメラ裏)
*参加費:500円
*共催:戦争反対・平和の白いリボン神奈川
    すべての基地にNOを・ファイト神奈川
==================================

<池子の森を守り、基地のない街をつくろう!>

◉大きく動き始めた追加建設!

昨年8月26日、日米合同委員会において追加建設戸数を当面400戸に
することと逗子市への40ha返還用地を共同使用することが合意されま
した。横浜林市長と逗子平井市長は、要請してきたことの結果だと評
価しています。
 ‘‘09年7月から国は逗子市に対して、小学校・トンネル・住宅の3つ
の建設を容認すれば、40haを返還すると攻勢をかけていました。
この32年間返還がない逗子にすれば、こんなチャンスはないとばかりに
平井市長は容認へと傾いていきました。’10年8月小学校建設予定地の
防護柵工事を容認、11月には住宅建設も認めてしまいました。

◉逗子市「追加建設反対」の懸垂幕を降ろす!

 12月12日に行われた市長選で再選されことで、民意を受けたとして住宅
建設も容認し、市是であった「追加建設反対」の懸垂幕を降ろしてしまい
ました。しかし建設は緑地の保全を約束した「三者合意」違反であること
は明らかであり、国は交わした約束を自ら破ったのです。‘04年横浜中田前
市長が建設への協議に入ってから6年、’07年以降止まっていた建設計画が
一気に進みそうな状況となりました。

◉問題は山積み!

 建設予定地の横浜市域は1987年のアセスで「狭小のため適地ではない」
と評価された所です。しかも戦前、毒ガスのイペリットを砲弾に充填する
谷戸田注填場だった所でもあり、戦後その処理がきちんと行われたのか不明
なままです。またトンネンルをどこに作るのか、周辺道路の整備・交通問題
など不明な点が多く課題は山積みです。

◉建設反対の声を広げよう!
 
 現政権は日米同盟の深化させていくとして、日米安保条約が軍事同盟と
なっています。基地の強化・恒久化に反対する市民の平和力をアップさせて
いきましょう。
 当日は逗子からの報告も受けて、逗子・横浜市民が連携して追加建設させ
ないための行動を考えていきたいと思います。ぜひご参加ください。
===================================

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/574-6ca5e2aa
該当の記事は見つかりませんでした。