JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

「たちかぜ」裁判と三宅さんの話

ほんと何も知らないんだから。。。



今日行った「たちかぜ」裁判(現在横浜地裁で係争中)で、「さわぎり」裁判は先月8月下旬に逆転勝訴(福岡高裁)していたことを知った。



「たちかぜ」裁判の詳細は《NPJ 公廷日誌》の「護衛艦たちかぜ 自衛官いじめ自殺事件」」を見るのが早いかも。



自衛官の自殺を追い続けるジャーナリストの三宅さんが金曜日で報告してて、ネットでも見れるよ。

金曜アンテナ:自衛隊イジメ体質を司法断罪 「さわぎり」裁判で逆転勝訴



ぜひぜひ読んでねDoCoMo



上官の言動は、隊員を誹謗し、心理的負荷を過度に蓄積させるような内容のものであり、指導の域を超える違法なものであったこと、自衛官の自殺を上官によるいじめが原因であったことを裁判所が認めた極めて珍しい判決だったとされる。



あたしは全然詳しくないので、内容までは語ることは出来ません。

ぜひ三宅さんの記事をご参照下さい*



*【「たちかぜ」裁判 次回期日】*



11月26日(水)10時半 横浜地裁503号法廷



*「次回期日ですが、いつ頃がよろしいですか?」と云う裁判長の問いかけに、国側の弁護人が「2ヶ月と1週間後」と希望を云うと、傍聴席がざわついた。当然だけどね。

みんなの体のことが心配。。。実際そう云ったら「どういう意味?」と若干怒られたけど(笑)

******************



って云うか三宅さんブログ、暫定だけどやってるんだね。知らなかった。

「さわぎり」裁判のこと知りたいと思って検索かけてたら、たまたまあがってきて知った。



このまま勝手に紹介続けますけど(笑)



この裁判の逆転勝訴に関する彼のブログの記事はこちら

護衛艦「さわぎり」裁判で原告逆転勝訴



実はあたし三宅さんが大好きはーと(笑)

この先は《若干》変態系なんで読みたい人だけどうぞ。

「(笑)」とかもはやめんどくさいから好きなタイミングで各自付けながら読んでね顔

以下三宅さんのこと。



三宅さんは今日以下2点に関する報告をした。



またまた回答延期。「イラク特措法、テロ特措法で海外派遣経験のある隊員の死亡者数」

「領収書捨てた」と空幕長



前者に関しては、半年してようやく得られたって云う防衛省からの回答を、サラっとみんなに教えちゃう。ちょー優しい。

後者に関しては三宅さんが何か調べてる中で、その人物が北海道に出張だったという話になって、三宅さんはその出張の詳細について調べ始めたって云う流れだったと思うけど、この話(内容は上記記事「「領収書捨てた」と空幕長」とほぼ一緒)をし終えた三宅さんは、最後に「皆さんも興味持って頂けたらなと思います。作業自体は誰にでも出来るものだと思うので。」とステキなきょとん顔で仰った言葉にしっかり射貫かれました。



そう、三宅さんは批判するだけぢゃなく追ってる。めっちゃ追ってる。

地味な作業を地味だけどずーーーっとしてる。

自分で手に入れて初めて知ったことを惜しみも無く明らかにするし、

かと云って全然偉そうぢゃないし、むしろ低め。で、きょとん顔。涼しい。

ステキそのもの。

三宅さんはあたしに「追い続ける」ことの大切さを教えてくれてる。

話したことは片手で済む程度だけど。あたしのこと分かるわけもないと思うけど。

今日も「好きです」って云おうとして、近づこうとして見た三宅さんの後ろ姿が凄く忙しそうで、結局話しかけることすら出来なかったけど。







これが「徒然」ってやつ?

ありがとう三宅さん。

あたしも三宅さんみたいになれるように精進します。



全てにおいてバカにしてるように思う人ももしかしたら居るかもしれないけど、全然むしろその逆であることは確かなんだけど、だけど、

ご本人が目にすることが一生ないことを祈って(笑)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/66-8df4819c
該当の記事は見つかりませんでした。