JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

TIME to SOLVE 高レベル放射性廃棄物最終処分ー日本におけるコンセンサスの過程 Vol.2

次回、Vol.2は
2013年10月23日(水)19:00開場/19:15上映開始(上映93分)/20:55ディスカッション~21:55終了予定

ゲストにNUMOの西塔副理事長の参加が追加決定し、
現状下記の通り:

杤山 修氏
公益財団法人原子力安全研究協会 処分システム安全研究所所長

伊藤 正雄
経済産業省エネルギー庁 放射性廃棄物等対策室室長

鈴木 達治郎
内閣府原子力委員会 委員長代理

西塔 雅彦氏
原子力発電環境整備機構(NUMO・ニューモ)副理事長

お陰様で、既に定員に達しておりますが、
参加希望される方がまだおられるので、
席を少々増やすので、
どうぞサイトからご予約下さいませ。

予約無しでお越し頂いても構いませんが、
ご予約の方を優先してご案内させて頂きますので、ご容赦下さい。

http://www.uplink.co.jp/event/2013/15402

小[new] TIME to SOLUTE(表)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/703-2b7d0033
該当の記事は見つかりませんでした。