JOURNAL ASIA
 

敦化遺棄毒ガス被害事件控訴審判決のお願い

周くん・劉くんを応援する会の方々より頂いた、再来週に迫った敦化裁判に関するお知らせを、誠に恐縮ながら、こちらでも紹介させて頂きたいと思います。

ぜひご一読下さい。

遺棄毒ガス問題ポータルサイトでも、書かれているので、
ご参考にして頂ければ幸いです。

旧日本軍による遺棄毒ガス被害に苦しむ中国の人々の救済を求めた、長きに渡る闘いがこれで終結を迎えようとしています。最後の頼みの綱である司法の役割が今、真に問われてる。

とか大人しく言いましたけど、
司法には本当に、本来の役割を改めて考えて、それを全うしてほしい・・・!

誰のための司法か―。

(以下転送歓迎)

敦化遺棄毒ガス被害事件控訴審判決のお願い

  敦化遺棄毒ガス被害事件は東京高裁でのたたかいを続けてきましたが,ついに判決を迎えます。 この判決は,中国遺棄毒ガス被害事件の事実審の最後の判決となりますので,遺棄毒ガス被害事件の集大成となります。 皆様,是非判決にお越しいただき,また,夜に開催する報告集会にもご参加ください。 もちろん被害者周桐くんも来日しますので,みなさまどうかご参集の上,ご支援いただけますようお願い申し上げます。

判決
11月26日(火)
12:45 東京高等裁判所前で入廷行進
13:15 東京高等裁判所8階825号法廷で判決言い渡し
(地下鉄丸ノ内線・霞ヶ関A1出口すぐ) 
http://www.courts.go.jp/tokyo-h/about/syozai/tokyomain/

報告集会
11月26日(火)
18:30~ 文京区民センター2階2A会議室
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754 

18:00開場18:30開始20:30終了予定

内容 弁護団より判決の説明・分析/遺棄毒ガス問題について
周くんの発言
神栖被害者の方の発言(予定)など
資料代500円

「敦化遺棄毒ガス被害事件」とは?
  2004年7月23日、中国吉林省敦化市の郊外の小川で遊んでいた二人の少年周桐くんと劉浩くんが,旧日本軍の遺棄化学兵器から漏れ た毒ガスに触れて負傷した事件です。今も二人は被害に苦しんでいます。二人は日本政府に対し、謝罪、医療と生活の保障を求め交渉してきま したが、日本政府が応じなかったため、やむなく2008年1月17日、被害者ら2名は日本国を相手として東京地裁に国家賠償請求訴訟を提 起しました。しかし,東京地裁では2012年4月16日に不当判決が出され,直ちに控訴しました。そして,事件から9年が経過した本年 11月26日、ついに控訴審判決が言い渡されます。本判決は,現在までに提起された遺棄毒ガス被害事件訴訟の中で最後の事実審判決であ り,現在までの集大成となります。


なお,支援団体「周くん・劉くんを応援する会」への入会,カンパもお願いします! 年会費は1000円です。 年会費・カンパの振込先: ゆうちょ振替口座 00120-1-299877 口座名義  周くん・劉くんを応援する会
--

コメントの投稿

非公開コメント