JOURNAL ASIA
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

非公開コメント

あと10日|TIME to SOLVE Vol.3 高レベル放射性廃棄物最終処分―日本におけるコンセンサスの過程

自身、06年から高レベル放射性廃棄物最終処分問題について取材、制作したドキュメンタリーの上映と併せて、関係者を集めて、一般市民が直接やりとりできるイベントをオーガナイズしてます。

ぜひ、お知り合いの方々等に、
ご周知頂けたら嬉しいです。

Twitterでも告知中▷▷▷ 
https://twitter.com/hocomi

*以下、転載、転送歓迎*
______________________________________

2006年から高レベル放射性廃棄物最終処分事業を追ったドキュメンタリー
 The SITE上映とディスカッションイベント第3弾!
TIME to SOLVE Vol.3 
高レベル放射性廃棄物最終処分―日本におけるコンセンサスの過程
◉ 日時: 12月22日(日)13時半〜17時 
◉ ゲスト:
・ 鈴木 達治郎さん (原子力委員会)
・ 梅木 博之さん  (日本原子力研究開発機構 地層処分研究開発部門 部門長)
 高橋 正樹さん (日本大学教授・地質環境長期安定性研究委員会委員)
・ 藤村 陽さん   (神奈川工科大学) 
◉ コンセプト:
賛否などといった二項対立ではなく、立場を越え、行政、推進関連機関、研究者、技術者、慎重派、 反対派など、本事業に携わる様々な関係者を一度に集め、一般市民が関係者らと直接やりとりし、 今後の高レベル放射性廃棄物最終処分について、 単に意見交換するだけでなく、ではどうしたらいいと思うのか、というところまで、現実的な解決を模索する建設的な議論展開を目指した、これまでにないカジュアル&オープンな場を実現したもの。
◉ 会場:ゲンロンカフェ(東京・五反田)
 http://genron-cafe.jp/
◉ 料金:2,500円 ※ 要事前振込 
◉ The SITE - Japan Specific とは:
研究施設、技術者、安全規制支援研究、研究施設をおく地域住民、処分場誘致を試みた町の人々、 関連研究を担う大学関係者らなど、高レベル放射性廃棄物最終処分事業=地層処分=に携わる様々 な立場の人々に対し、2006年からインタビューをしたもの。
◉ お申込&その他詳細:  
    下記サイトのメールフォームよりお申込下さい。
  http://journalasia.blog22.fc2.com/blog-entry-708.html
 ※なかなか予定が見えない方も多いかと存じますが、事務作業を減らすため、事前予約、振込制にしています   ので、極力ご理解、ご協力のほど願います。

◉ オーガナイザー:稲垣 美穂子(The SITE 制作者)


コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。