JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

遅い新年のごあいさつ***

もう年も明けて、早二週間が経ちます。

皆様におかれましては、
それぞれ、想い想いの年明けをお迎えになったのではないでしょうか。

私事で恐縮ですが、
昨年の年明けに立てた「今年の目標」を振り返ってみると、3つありました。

・ドキュメンタリーの完成(平成24年度内)
・高レベル放射性廃棄物最終処分に関する中、小規模のChatイベントのオーガナイズ
・本の執筆

本の執筆以外はクリア。

大口を叩いただけに、
“やらねば…”という想いも強かったわけですが、
それ以上に、
皆様の身に余るご厚情賜りましたゆえに、
達成できたこと。

心から感謝している次第です。

そして平成26年度、本年の目標を
次の通り掲げ、本年も邁進して参りたく存じます。

・ドキュメンタリー映画の英語版の完成
・受賞
・作品の一般公開
・海外への発信
・スウェーデン、フィンランド、米国の取材(高レベル放射性廃棄物について)
・昨年開催したイベントを改善した場を企画、提案(勉強会、上映会、ディスカッションなど)

その他、
目標ではありませんが、
昨年よりも
ドキュメンタリー作品を多く観たり、
他の問題についてももう少し触れていけたらいいなと思っております。

非常に個人的なことで、誠に恐縮ながら、
もうすぐで30歳になるのですが、
正直申し上げて、
不安そのものです(笑)

自分のイメージしていた感じとは程遠く、
それでも30歳という年齢が社会に与える印象が大きく、
それに相当しなければいけないのか…など、
無駄に葛藤したりして。

格好にしても、
ライフスタイルにしても、
もう少しだけ
やんちゃでいることをどうか温かく見守ってくださいませ。

近年は特に、
何が起こりうるか、まったくもって予測のできない毎日です。

たとえ、どのような変化に出会おうとも、
この問題に対する情熱を注ぎ続けたく、
形にして、社会へ発信し続けたく存じます。

各位におかれましては、
今後ともどうか旧に倍するお力添えくださりますよう
よろしくお願い申し上げます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://journalasia.blog22.fc2.com/tb.php/716-ea3d31ea
該当の記事は見つかりませんでした。