JOURNAL ASIA

日本の高レベル放射性廃棄物のゆくえを追う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンケートの回答及び周知にご協力下さった皆様へ

この度はアンケートに様々な形でご協力頂き、誠に有難うございました。
7票ですが、私にとっては貴重な回答ですし、結果もなかなか面白く拝見しております。
票の割れ方が極端でw

「交通費が出るなら、資金源がどこであろうと参加したい」
自費でいいから、そういう企画があれば参加したい」のいずれかっていうw

もともとこういう事業があるのは知っておりましたが、まったく見向きもしなかった
(コレを使って何かしようという風に一切思ったことがなかった)ので、
お声がけ頂いた企画が、偶然にもその事業が背景にあるものであったことが分かり、(←気付くの遅いw)
今回、こうして思考を巡らすキッカケとなりました。

私自身もよくよく考え続けていたのですが、
やはり「知ること」は大切ですが、
血税を使ってまで私が企画して皆さんをお連れしようという気持ちにはなれませんでした・・・

そこの壁を乗り越えることができなかったので、やめておきたいと思います。

また、この事業は多くの人が狙っているそうなので、
わざわざ私がやらなくてもいいかなって思います。

「交通費が出るなら、資金源がどこであろうと参加したい」という人は、
この事業を利用して地下研に行こうとする人達が多いらしいので、きっと機会はあると思います。

思えば、私が企画を始めたのは、
自分自身の取材を通じて知り合った専門家達と一般市民が気軽に話し合える場やキッカケを作れたらいいな、
という思いからでした。

もちろん、最終処分についての議論を現世代でしっかりしたい、と思う一人としてできることをしているわけですが、
それが、<地層処分の理解を深めてほしい>という趣旨とは一致しない。

それよりも、どちらかといえば、
その土地(地下研のある地域)の歴史的背景を知った上で、議論しようよ、と思っていて。

だから、ただ地下研に行って知るということは、誰かにとって有意義でも、
少なくとも私が企画して、やりたい行為じゃないし、私にとっては無意味と言っていい。

そんなこんなで、この事業を使って企画することは、
まったく主体性のない、目的を失った企画に皆さんを巻き込んでしまう。
もし、これまで取材をしてきた私がそういうことをするのは、ある種、罪だと思いました。
今後も、これまで同様、自分自身がこうしたいと主体的に思える魅力的で有意義な企画を、
打っていけたらいいなと思います。
(たとえそれが皆さん自費になってもw)
今回、改めてこうした機会に出会い、出発点に戻ったような思いです。

この度は、色々と有難うございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

アンケート実施中

岡山開催*6/3〜4「—高レベル放射性廃棄物の最終処分—どうする!原発のゴミ 全国交流会」

6月3日(土)〜4日(日)
労働福祉事業会館5Fホール
 *access*バスで(中鉄・岡電バス) 
 JR岡山駅(東口)バスターミナル⑦番乗り場→約15分[230円]→明誠学園前下車→徒歩2分


参加費:¥2,000
(1日のみの参加:¥1,000)

1日目
13:00 受付
13:30 開会  実行委員長 挨拶
        岡山県実行委員長 挨拶
13:45〜14:30 基調講演①「10年で漏れ出す放射能」末田一秀さん
14:30〜15:15 基調講演②「適地提示の意味するもの」伴英幸さん
15:15〜15:30 質疑
15:45〜    各地報告
18:00     休会

2日目
09:00〜10:30 パネルディスカッション
       「適地提示をいかに跳ね返すか」
10:40〜10:55 核のごみキャンペーン関西制作
        スライドショー「いかにあるべきか」
10:55〜 フリー討論
12:00〜 まとめとアピール
12:30  閉会

okayama.jpg

私はコミュ障か

この記事はブロとものみ閲覧できます

「NO MORE 化学兵器 2016」開催決定☆

20161105_NOMORE.jpg

☆・・・・・・・・・・・・・以下案内文・・・・・・・・・・・・

NO MORE 化学兵器 2016

★ 日 時▷ 2016年11月05日(土)14:00〜16:30(13:30開場)

★ 会 場▷ 西新井ギャラクシティ3階多目的室2
     
(東武スカイツリーライン西新井駅徒歩3分)

 http://www.galaxcity.jp/modules/info/index.php?action=PageView&page_id=26


★ 資料代▷ ¥500

★ 基調提起①▷「日本軍の毒ガス線を支えた軍需化学企業」
                 北 宏一朗さん(化学兵器被害解決ネットワーク)

★ 基調提起②▷「武器輸出大国ニッポンでいいのか」
            杉原 浩司さん(武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)代表)

★ ゲスト講演▷「武器輸出と日本企業」望月 衣塑子さん(東京新聞記者)

★ 「NO MORE 化学兵器」とは▷

 戦時中、日本が違法に製造、使用、戦後遺棄した化学兵器によって、今なお日本や中国で多くの被害者が後を絶ちません。被害者救済はもとより、これ以上被害を出さないためにも、化学兵器完全撤廃を目指し、「化学兵器禁止条約」批准の意義を問う、年に一度の大集会です。戦時中に日本が化学兵器を製造するにあたっては、化学兵器の原料を製造・納入した企業の存在が欠かせませんでした。そして今、また日本企業は兵器の製造と輸出に手を染めようとしています。
 そこで今年は、『武器輸出と日本企業』の著者である望月衣塑子さんをゲストにお迎えします。ぜひ、足をお運びください^^


★ 主催▷化学兵器被害解決ネットワーク

参考書籍

◍『武器輸出と日本企業』望月衣塑子(もちづきいそこ)/著

https://www.amazon.co.jp/dp/404082086X

◍『武器輸出大国ニッポンでいいのか』池内了、古賀茂明、杉原浩司、望月衣塑子/著

http://www.akebi.co.jp/

(いずれも、当日販売予定です。)


登壇者プロフィール

◍北宏一朗(きたこういちろう)さん
毒ガス研究の第一人者。

◍杉原 浩司さん(すぎはらこうじ)さん

1965年鳥取県生まれ。NAJAT代表。集団的自衛権問題研究会。『武器輸出大国ニッポンでいいのか』(共著、あけび書房)。『宇宙開発戦争』(作品社)に「日本語版解説」を執筆。
武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)Website|https://najat2016.wordpress.com/

◍望月 衣塑子(もちづきいそこ)さん

東京新聞に入社。千葉、横浜、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事 件を中心に取材する。2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の報道をスクープし、自民党と医療業界の利権構造の闇を暴く。また09年には足利 事件の再審開始決定をスクープする。東京地裁・高裁での裁判担当、経済部記者などを経て、現在は社会部遊軍記者。防衛省の武器輸出政策、軍学共同などをメ インに取材している。


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。